2010年03月31日

送別会

昨日は更新が出来ずに申し訳ございませんでした。

昨晩は、仲間の送別会に出席させて頂いておりました。
彼は、私と一回り以上違う23歳。
この春より、大卒2年目の好青年です。

就職して、1年目は東京→大阪と
仕事をしながらいろいろなことに慣れ
この春から、福島県で本格的に腰を落ち着けて
仕事にかかるとのことです。

そんな彼とお知り合いにさせて頂いたのは
昨秋、彼が当会のサイトを見て、
私に連絡をくれたのが最初でした。

いろいろな方から、連絡を頂きますが
ここまで、深いお付き合いをさせて頂いたのは
私自身、他に思いつきません。

ここまでのお付き合いをさせて頂けたのは
彼の人徳と人柄、彼のマメさだと感じています。

人に好かれる彼ですから、
新天地でも必ず人に恵まれて
成功されるだろうと感じています。


やはり、仕事を進めていく上で大切なのは、
人自身だと感じた、昨晩でした。

TAROちゃん、身体に気をつけて
無理しないようにガンバレ!(私信失礼致しました)

人気ブログランキング
この春、送別会があった!という方
旅立つ人への応援クリックお願いします



posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月29日

食べ物が基本です

昨日は、安心・安全 おいしい野菜を宅配なさっておられる
ショップ 土のめぐみ 土田賢一さん
お話しを聞きに行かせて頂きました。

私を含めて15人ほどの方が、集まりました。
ナチュラルキッチン・アンジュさんの
おむすびプレートを頂きながら
野菜の現状・農薬のこと・食べ物の大切さ
ネットでは言えない裏話
などを
お伺いさせて頂きました。

土田さんは、野菜に一生懸命な人です。
何度か頂きましたが、私は美味しくて大好きな作物や
加工品を作っておられます。
ええ野菜という本もお書きの方です。

印象に残ったお話しは
一生80年生きるとして、1日3食、食事をすると
9万回近く食事をすることになるそうです。
その食事すべてが、自分の血となり、肉となりして
身体を作っていくわけです。

『食べる物にもっともっと関心を寄せて下さい』
お話しされておられました。

本当にその通りだと思います。
私も、気をつけていきたいです。

≪関連リンク≫
●熊本直送有機野菜のネットショップ「土のめぐみ」
http://www.a-nen.net/
●ナチュラルキッチン アンジュ
http://anzyu.net/

人気ブログランキング
食べ物にはちょっと注意しています!という方
野菜応援のワンクリックお願いします



土田さんの本はこちらです。
私も読ませて頂きましたが、勉強になって、
笑いもあり、感動もありの本です。オススメです☆彡

ええ野菜
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月26日

安価に地球を冷やす

地球温暖化が問題になっている昨今。
地球の温度を上がらないように保つかが考えられています。

そこで大切なのは、やはりコスト。
莫大なお金を掛けることは難しいです。

安価に地球を冷やす
こんな方法が、考えられているそうです。
続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年03月25日

電力買取り制度の負担

太陽光発電などの余剰電力買い取りが行われていますが
それを行うための電気代の値上げが
1世帯当たりの電気料金への上乗せ額が最大で月579円以上になると
経済産業省から発表がありました。

<Yahoo!ニュース>
1世帯最大579円を上乗せ 再生可能エネルギー買取制度の負担試算

(以下抜粋)

 経済産業省は24日、太陽光や風力など再生可能エネルギーで生み出された電力を電力会社がすべて買い取る新しい制度について、1世帯当たりの電気料金への上乗せ額が最大で月579円以上になるという試算を公表した。制度開始後15年目の標準家庭(月300キロワット時使用)を想定して計算した。

 試算は研究段階のものを含めたあらゆる再生可能エネルギーを対象に、家庭の太陽光発電を1キロワット時当たり42円、風力や地熱など他の発電を同20円で20年間買い取る場合。

 政府は昨年11月から家庭用の太陽光発電の余剰電力買い取り制度を実施しており、2011年度から世帯当たりの電気料金に月数十〜100円が加算される見通し。この現行制度に対し、今回の試算ケースは、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出量の削減効果を2倍近い4469万トン以上に高めることができるとした。

(抜粋終了)

試算なので“579円以上”というのは、仕方が無いのでしょうが
いったいいくらになるのかな?と思ってしまいました。

1ヶ月約600円と考えると、年間7,200円。
10年で72,000円の値上げです

電力会社は、なんでもかんでも
利用者に転化してきますが、説明責任があるような気がした
今回のニュースでした。


人気ブログランキング
今日も値上げ?!と思われた方
怒りのワンクリックお願いします



≪関連記事≫

●当blog 2009年11月02日
太陽光発電 倍額買取開始&AED無料講習案内
http://blog.costsakusaku.net/article/33351801.html


ソーラー充電器が訳アリ
アウトレット価格です

訳あり ドクターソーラーチャージャー モバイルソーラー充電器 防災 携帯充電器 iphone 3G 3GS ...
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2010年03月23日

ETC付けたのに

個人的な話しで恐縮ですが、
我が家で使っている愛車にはETCが付いています。
高速道路に乗るときに、料金所で一旦停止なしに
カードで支払えるあの機械です。

ETCも出始めで付けたのではなく
かなり粘って一昨年取り付けました。

“高速料金が安くなる”というのが
取り付けたかなり大きな理由のひとつだったのですが
そこでこのニュース。

<Yahoo!ニュース>
首都高と阪神高、平日昼間割引は3月末で終了
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100323-00000524-san-bus_all

(以下抜粋)

 首都高速と阪神高速で平日昼間に国の社会実験として実施されている割引制度について、前原誠司国土交通相は23日午前の会見で、3月末で終了し、4月1日から通常料金に戻すことを明らかにした。

 平日昼間の割引制度を終了する理由について、前原国交相は「渋滞削減効果が小さい」と指摘。高速道路会社には昨年末にこの社会実験打ち切りの方針を伝えていたという。

 夜間や土日祝日の割引については、特措法の「利便増進事業」として、4月1日以降も継続される。

(抜粋終了)

首都高速と阪神高速で
平日昼間の割引が無くなるそうです。


政権も変わったので、考え方も変わるのは
仕方が無い一面があるのは理解できます。が、
前原誠司国土交通相のお顔を今日TVで拝見させて頂くたびに
このことを思い出して、良い感情を抱けない私です。


人気ブログランキング
値上げかよ〜!と思われた方
怒りのワンクリックお願いします




高速道路1000円完全スーパーガイド
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2010年03月18日

電球が消えていきます

東芝が120年間作り続けてきた、
白熱電球の製造を中止するとの
発表を行いました。

照明と言えば、今でもやはり電球を思い浮かべる人が多いと思います。
『暖かい我が家』『一家団欒の絵』というようなイメージを
思い浮かべたときの照明もやはり電球色だと思います。

時代の流れを感じますね。
 続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年03月17日

2010家電エコポイント

家電のエコポイント制度ですが、
4月以降も延長が決まっています。
(2010年12月末まで)

しかし、4月1日以降のエコポイントは改正省エネルギー法施行にしたがって
エコポイントに新基準「2010家電エコポイント」が適用されます。

そこで、このニュース。
 続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年03月15日

春・・・花粉

3月も本日で折り返しです。

3/15と言えば、特に事業をなさっておられる方は
確定申告ですね。
私は、昨晩何とか仕上げ、本日提出します。
(ギリギリですね・・・。)

かなり暖かくなってきて
花粉が気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、このニュース

<Yahoo!ニュース>
野生ニホンザル、花粉症で受難 兵庫・淡路島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000505-san-soci

(以下抜粋)

 淡路島モンキーセンター(兵庫県洲本市)のニホンザルの一部で、今年も花粉症の症状が現れていることが14日、同センターによって確認された。目をかゆそうにこすったり、くしゃみをしたりする“患者”は近年20匹ほどに増えているといい、センターの担当者は「人間同様、効果的な薬もなく、乗り越えてもらうしかない」とあきらめ顔だ。

 今年は淡路島南部でも花粉の飛散量が少ないとされ、センターによると例年より発症が1〜2週間ほど遅いが、14日は、数匹のサルが典型的な花粉症の症状をみせた。

 例年、最も早く花粉症にかかるとされるメスのマンデー(17)も、涙を流しながら目頭をこすったりくしゃみをしたり、つらそうな様子。

 同センターには約200匹のニホンザルがいるが、全国的にみても花粉症の症状がひどいといい、かつての数匹レベルから、近年は増加傾向にあるという。

 同センターは「淡路島のサルの花粉症がひどい原因はわからない。もう少しがんばって、つらい時期を乗り越えてもらうしかない」としている。

(抜粋終了)

『ニホンザルも花粉症になるんだ・・・』と思い
 続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 08:59| Comment(0) | TrackBack(1) | エコ

2010年03月12日

地球温暖化対策基本法案

政府が世界に約束した
90年比25%減とする温室効果ガス削減の中期目標ですが、
その目標を明記した、「地球温暖化対策基本法案」
閣議決定したとのことです。

<Yahoo!ニュース>
<温暖化>対策基本法案を閣議決定 今国会での成立目指す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100312-00000016-mai-pol

(以下抜粋)

 政府は12日、20年までに90年比25%減とする温室効果ガス削減の中期目標を明記した「地球温暖化対策基本法案」を閣議決定した。今国会での成立を目指す。

 小沢鋭仁環境相は同日の閣議後会見で、法案がまとまったことについて「25%減目標実現に向けて大きな一歩を踏み出すことができた」と述べた。

 一方、法案に「原子力発電の推進」が盛り込まれたことに対し、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は同日の閣議後会見で、「納得し切れていないところもある。社民党としては新たな原発建設には反対で、その点はまったく変わっていない」と述べた。

(抜粋終了)

地球温暖化対策ですが、
経済や雇用にも影響が及ぶと思われますが
慎重に検討し、大胆に進めてほしいものです。


ただ、日本の目標はやっぱりちょっと高すぎる
気がしますが…。


人気ブログランキング
日本の目標25%は少し高いかな…と思われる方
応援クリックお願いします




正しく知る地球温暖化
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年03月11日

家庭用LED電球

LEDがいろいろなところで使われるようになってきましたが
今日のLEDの話題は、家庭用の電球です。

かつては、値段がかなり高くて敬遠されていた
家庭用LED電球ですが、手ごろな価格となってきたこともあり
販売が好調のようです。


<Yahoo!ニュース>
エコで長持ち 家庭用LED電球 寿命は白熱電球40個分…売り上げ好調
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100311-00000043-san-soci

(以下抜粋)

 家庭用のLED(発光ダイオード)電球の人気が高まっている。白熱電球などに比べて長く使い続けることができ、消費電力も少なく電気代の節約、省エネにつながる。価格が高いイメージがあったが、メーカーが次々と参入して今では実売価格が4千円を切る商品も登場。消費者にとってますます身近な存在になりつつある。(森本昌彦)

 ◆電気代は超お得

 「LED電球の一番のメリットは消費電力が少ないこと。白熱電球などに比べ、寿命が長いため取り換えの回数を減らすことができます」。東芝ライテック(神奈川県横須賀市)LED企画部管球・住宅照明商品企画担当の佐野浩さんはこう話す。

 同社は平成19年、家庭用LED電球を発売。同社の商品で比較すると、白熱電球で100ワット相当(直下照度)の明るさを、LEDでは6・4ワットの消費電力で実現。このため電気代も抑えられ、白熱電球で年間約1580円だった電気代は約280円になる。さらに白熱電球では寿命が1千時間だったのに対し、LEDは4万時間。これは白熱電球40個分に当たり、省資源につながるうえ、電気を使えば使うほどお得になる。

 蛍光ランプと比べても消費電力が少なく、寿命が長いLED電球。光が拡散しにくいため、周囲が多少暗く感じることもあるが、佐野さんは「LEDは長寿命なので取り外しがしにくいところ、逆に長い時間点灯させるリビングなどには蛍光ランプの方がよいのでは」と使い分けを提案する。

 ◆従来の半額以下
 続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | エコ

2010年03月10日

AEDがごみ収集車に

いろいろなところに設置されるようになってきた
自動体外式除細動器(AED)ですが、
大阪・阪南市でごみ収集車に
AEDが搭載
されるとのことです。続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月09日

もったいないと安全と

小中学校の給食に出されるパン。
いろいろな思い出があるかもしれません。

私は給食が好きだったので、パンもおかずも
よくおわかりしていましたが・・・
(ただの食いしん坊ですね(苦笑)

このニュースです。
 続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年03月08日

カラーもエコ

最近リリースされた新車のボディカラーや名前
日本の動物や食べ物にちなんだ
エコな名前になっているそうです。

カワセミブルー・ウグイスメタリック・キナコメタリック
これらは車のボディカラーの名前です。

<Yahoo!ニュース>
「カワセミブルー」 車の色もエコ主流 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100307-00000559-san-bus_all

(以下抜粋)

 カワセミ、ウグイス、キナコ−。最近登場した新車に、動物や食べ物にちなんだ名前のボディーカラーが採用されている。環境に優しいイメージをアピールしたり、女性に関心を持ってもらおうという狙いだ。これまで白、シルバー、黒が主流とされた車の人気カラーだが、環境問題への関心の高まりを契機に、変化の波が押し寄せている。

 三菱自動車は2月に発売した新型SUV(スポーツ用多目的車)「RVR」のテーマカラーを新色の「カワセミブルー」とした。

 モチーフは清流に住むカワセミの青い羽根の色。RVRは低燃費でエコカー減税の対象車だけに「環境の時代らしいクリーンなイメージから名付けた」(同社)という。2月末までのカワセミブルーの受注台数は、一番人気のチタングレーに続く2位。当初、同社は白や黒が上位を占めると予想しており、「派手な色なのに」と驚きを隠さない。

 トヨタ自動車も、6年ぶりにモデルチェンジして2月15日から発売した小型車「パッソ」で「ウグイスメタリック」と呼ばれる専用色を導入した。CMや店頭ポスターの車体には、この色を使う。開発担当の鈴木敏夫チーフエンジニアは、「買うときに選ぶ楽しさが生まれる」と話す。

 毎年すぐれたカラーデザインの車を表彰する日本ファッション協会流行色情報センターによると、自動車業界が青や緑のボディーカラーを広告で使い出したのは平成19年ごろからという。カワセミやウグイスなどの名前のボディーカラーが受け入れられる理由について、同センターでゼネラルマネジャーの大沢かほるさんは「従来以上に環境問題を意識した証しではないか。(カワセミのような)日本語で言う点も新鮮だ」と分析する。

 ウグイスメタリックと並び、「パッソ」はきな粉をイメージした金色に近い新色「キナコメタリック」も設けた。「腐る」といった理由からタブー視されてきた食べ物の名前だが、14年に日産自動車が出した「マーチ」でパプリカなどの食材をモチーフにした色を出したことで転換。最近は、「(食べ物は)最も身近な自然」と受け止める向きが強まっている。

 昨年の国内新車販売台数(軽自動車含む)は前年比9・3%減の約460万台で、昭和53年以来、31年ぶりに500万台を割り込んだ。“自動車離れ”を防ぐ意味でも、ボディーカラーは重要な要素に浮上している。

(抜粋終了)

ボディーカラーがエコなカラーや色名になれば
 続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年03月05日

法人企業統計発表

財務省が発表した09年10〜12月期の法人企業統計によると
経常利益が2年半ぶり増益との結果が出たそうです。

<Yahoo!ニュース>
<法人企業統計>2年半ぶり増益 業績持ち直し傾向鮮明に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100304-00000031-mai-bus_all

(以下一部抜粋)

 財務省が4日発表した09年10〜12月期の法人企業統計によると、全産業(金融・保険を除く)の経常利益は前年同期比102.2%増の10兆3763億円だった。前年同期比で増益となるのは07年4〜6月期以来、2年半ぶり。リーマン・ショック直後で利益が急減した前年同期の反動増に加え、輸出の持ち直しやコスト削減で、企業業績の持ち直し傾向が鮮明となった。

(一部抜粋終了)

最後の一文で、“コスト削減”が触れられております。
景況に出来るだけ左右されない筋肉質な企業になるために
コスト削減は必須
だと思います。

経営者のみなさまやご担当者のみなさまも
コスト削減に取り組んでおられると思いますが
当会にご相談頂けますと、今以上に
コストカットを出来る
ことがあるかもしれません。

ぜひ、ご相談頂ければと思います。
ご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 ▼お問い合わせフォームはこちらです
 ┗・‥…━━━━━━━━━━━★
 http://www.costsakusaku.net/otoiawase.html


昨日は、更新できずに申し訳ございませんでした。
夕方〜夜にかけて、企業家の方が集まった交流会の発足会に
出席致しておりました。40人ほどの方がいらっしゃっておられた会でした。

私が僭越ながら議長にご指名頂き、勤めさせて頂いたのですが、
何とかやり遂げることが出来ました。
多くの方とお知り合いにさせて頂き、情報交換など
積極的に行っていきたいです。

また、ご報告させて頂ける機会がございましたら
Blogでも書かせて頂きます。


・昨晩、お世話になった皆様
拙い議事進行ではございましたが、ご出席の皆様のお力添えで
無事勤め上げることが出来ました。改めて御礼申し上げます。

昨晩は、あまり詳しく自己紹介させて頂く時間がございませんでしたが
私自身は、コスト削減全般のお仕事をさせて頂いております。
これからもよろしくお願い致します。


人気ブログランキング
コスト削減は重要だと思う…とのお考えの方
応援クリックお願いします




posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2010年03月03日

春秋5連休が地域でバラバラに

春と秋の大型連休が、地域ごとに日付を変えるという
政府案が出ております。

ご存知の方も多いと思いますが
まずは、ニュースから。

<Yahoo!ニュース>
地域でずらして春秋5連休を=休暇分散化で政府案−観光本部
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100303-00000143-jij-pol

(以下抜粋)

 政府は3日、観光立国推進本部(本部長・前原誠司国土交通相)の分科会を開催し、ゴールデンウイークなどに集中している休暇の分散化案を提示した。春と秋の2回、全国5地域ごとに日程をずらして5連休を創設。混雑緩和による観光需要拡大や観光地での雇用安定化を目指す。祝日法改正などが必要なため、実際の導入は早くても2012年以降となる見通しだ。
 同日は、日本経団連など経済界の3団体から意見聴取し、「賛成だが十分な準備期間が必要」(経団連)、「取引先との調整が難しい面もある」(全国中小企業団体中央会)などの声が出た。経済界には反対の声も根強く、実現にはその理解が得られるかが大きなカギとなる。
 5連休をつくるには、春は憲法記念日(5月3日)とみどりの日(同4日)、こどもの日(同5日)、秋は海の日(7月第三月曜日)、敬老の日(9月第三月曜日)、体育の日(10月第二月曜日)の各3祝日分の休日を利用する。いずれも土・日曜と連続するように移動させる。
 五つの地域ブロックは、「北海道・東北・北関東」「南関東」「中部・北陸信越」「近畿」「中国・四国・九州・沖縄」を想定。春なら5、6月のうち5週のいずれかの土〜水曜に、5地域の5連休をそれぞれ当てはめる案を提示した。
 ただ、この場合は全地域を通じた5連休期間が月をまたぐため、5月各週の月〜水曜か水〜金曜のいずれかに設定する案も示した。秋についても同様な考え方で10〜11月または10月に5連休を分散させる。 

(抜粋終了)

これを知ったとき、観光業の方は喜ばれるかもしれないと思い、
日本全国に支店がある会社や、取引先が日本全国の会社は
ちょっと大変かも?と思いました。

ネットで出ていた意見は、
・カレンダーが大変
・パソコンのシステムが大変
・他の事業所がやってるのに休みが取れるのか
・行楽地の混雑や出国帰国ラッシュは、緩和しそう

などでした。

ネットを見る限りでは、反対意見の方が多いような感じですが
どうなるのでしょうか。

個人的には、旅行が快適に行けるようになれば嬉しいなぁと
感じました。皆様はいかがですか?


人気ブログランキング
あまり賛成ではないなぁ…と思った方
一票クリックお願いします



posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月02日

LEDとAED

昨日はブログの更新が出来ずに
申し訳ございませんでした

お詫びの意味も込めまして、今日は2つのニュースを取り上げます。

このブログをお読み頂いている皆様でしたら
LEDとAEDの区別はお付きになられますか?

LEDは「発光ダイオード」
AEDは「自動体外式除細動器」
ですね。

当会にもLEDのお問い合わせが、徐々に増えてきていますが
まずはこのニュース。

<Yahoo!ニュース>
東京スカイツリー 2000台のLED照明でライトアップ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100301-00000555-san-bus_all

(以下抜粋)

 東武タワースカイツリーは1日、建設中の「東京スカイツリー」(完成時の高さ634メートル)の照明に省エネ性に優れたLED(発光ダイオード)を採用し、パナソニック電工を導入パートナー企業に決定したと発表した。

 東武タワースカイツリーは、パナソニック電工がタワー用に新たに開発する器具を含め約2000台のLED照明器具でライトアップする。器具以外にもイベントなど多彩な演出にも対応できるよう高度な調光制御システムも導入していく。

 照明のデザインは、江戸ではぐくまれてきた心意気の「粋」と、美意識の「みやび」がコンセプト。具体的には粋を水色、みやびを江戸紫色とし、夜間のタワー照明としてそれぞれの光を1日ごとに交互に点灯する。江戸紫に関しては新たに専用のLEDを開発するという。導入費用は明らかにしていない。

 長寿命のLEDは約10年間取り換え不要で保守負担を軽減できるほか、光源が小さく、器具を小型化できるのも特徴だ。パナソニック電工は、業界で先駆けて1998年にLED照明器具を製品化。国内の複数の多目的広場や博物館など大規模施設にLED照明器具を取り付けた実績が評価された。

(抜粋終了)

LEDは初期投資が高いものの、
ランニングコストが、安く抑えられる
のが、最大の長所ですね。
普通のイルミに比べると、消費電力はおそらく半分以下で
寿命も4〜5倍といった形になると思われます。
なにより、取り付け取り外しコストがいらない(?)のが
いいですよね。

約2000台のLED照明器具でライトアップするとのことで、
 続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ