2009年12月01日

救命講習に行ってきました

先日の日曜日、大阪市消防局/北消防署にて行われました
救命講習・AED講習に出席してきました。
ご参加頂いた方、
ありがとうございました&おつかれさまでした。

申し込みベースで、定員30名満席と大盛況で、
当日も、楽しくざっくばらんな講習会となりました。

私自身、そのような講習を受講するのが初めてだったのですが、
思った以上に難しかったです。

特に難しかったのが・・・ 
人工呼吸
最初は、人形の鼻を指でつまむのを忘れてたのですが
鼻をつまんで呼吸を入れても、なかなか人形の胸が膨らまずでした。

胸が膨らまない原因として3つ考えられるそうです。
1.対象の気道の確保がきちんと出来ていない
 あごをきっちり上げて気道の確保を行う
2.対象の鼻をつまんでいない
 鼻から空気を漏らさないよう、しっかりつまむ
3.自分の口を大きく開き、対象の口に多い被るようにする
 この原因が多いようです。口はかなり大きく開き
 対象の顔にぴったり付けることが大切とのことです

『ドラマで見るような、キスのような人工呼吸は
嘘なんだなぁ・・・』と感じました(笑)

心肺蘇生(心臓マッサージ)は、
最初(片膝を立ててやっていたせいもあり)上手くいかず
アドバイスを頂いて、なんとか出来ました。
やってみて『思った以上に力を入れないとだめなんやなぁ』と感じました。

救急車が到着するまで、平均5〜6分だそうです。
心肺蘇生は、力の要る作業でそれだけの時間やり続けるのは
本当に大変だと感じました。

実際の場では
1.倒れてる人に声をかける(意識の確認)
2.周りの人に助けを求める
3.呼吸の確認(6〜10秒)
4.(通常の呼吸無しの場合)→119番への連絡&AEDの手配
5.人工呼吸(2回/1秒 胸が上がる程度)
 心肺蘇生(30回/1秒100回の速さで)を繰り返す
6.AED到着→AEDの指示に従いパッド装着・検査
7.(AEDの指示に従いながら、救急車の到着まで)
 人工呼吸・心肺蘇生を繰り返す
となっています。

今回の実習では、
1〜7まで体験しましたが
人工呼吸・心肺蘇生を3セット(5で2セット&7で1セット)
行いましたが、汗だくでした。
5分も6分も続けるのは本当に大変だと思います。

ヘロヘロになりながら行いよりは
交代しながらでも力強く行うことのほうが大事との事です。
本当に周りの人々との連携が欠かせません。

頭の中だけの知識と、実習を行うのは
自分のものになるかならないかで、
かなり違うと感じました。


当会でも「救命講習・AED講習」は
各団体・協力会社と一緒になって、
積極的に進めさせて頂きます。

この記事をお読み頂いた皆様も
ぜひ機会がありましたら、
「救命講習・AED講習」にご参加
頂ければと思います。


当会CSKKでは、AED(自動体外式除細動器)の普及に努めています。
AEDの設置に関するご相談から、実際の設置まで。
飲料メーカーのご協力によるAEDの無料寄贈も行っています。
このAED無料プレゼントで、かなり設置場所が増えましたが
まだまだ、設置場所が不足しているのが現状です。
ご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 ▼お問い合わせフォームはこちらです
 ┗・‥…━━━━━━━━━━━★
 http://www.costsakusaku.net/otoiawase.html


人気ブログランキング
救命講習、時間があったら行ってみても…と思った方
命の応援クリックお願いします



≪関連記事≫
●blog BTD@大阪にて起業家・ビジネスマンの為の勉強会・交流会を開催
めちゃ×2「学べ」楽しい」1日でした 2009-11-30
http://ameblo.jp/btd-study/entry-10400412058.html


AEDって結構お高いモノです…。
無料寄贈は、設置頂いた方からご好評を頂いており
本当にいい制度だと思います。

自動体外式除細動器 [カルジオライフ] AED−9231 本体ページ0484-03
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33951274
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック