2010年02月26日

波力発電に注目

太陽光発電風力発電などが注目を集めていますが、
海の波のエネルギーを利用した、波力発電にも
注目が集まっているようです。

<Yahoo!ニュース>
注目される波力発電、巨大な波のハワイで試行 米企業
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100225-00000018-cnn-int

(以下抜粋)

(CNN) 化石燃料に代わるエネルギーとして、「波」が注目されている。波力発電装置を開発する米国のオーシャン・パワー・テクノロジーズ(OPT)は現在、米海軍の支援を受け、巨大な波で知られるハワイ諸島沿岸で、試験的な発電を実施、実用化を目指している。

OPTが進める波力発電の仕組みは、高さ16メートル、直径14メートルの大きなブイを海に設置し、波によってブイが上下する点を利用する。発電した電気は、海底ケーブルを通じて送電する。ひとつのブイで住宅20─25軒が利用できる40キロワットが発電できるという。

同社のチャールズ・ダンリービー最高経営責任者(CEO)はこの発電方法について、「夜になると沈む太陽とは違い、波は一日中あるため、途切れることなく継続的に発電できる。さらに、陸地に近い場所に設置できるため、多くの人々が暮らしている沿岸部に簡単に送電できる」と、利点を説明している。

OPTは現在、米国西部のオレゴン州で、さらに発電効力の良いブイを試験的に設置する計画を立てている。新しいブイでは、100メガワットの電力を供給できるという。

米地質調査所(USGS)によると、全世界の発電量のうち水力発電量は19%を占めている。しかし、そのほとんどが人工ダムを利用した発電で、波力発電はほとんどないが、実用化が進めばその割合が高くなると期待されている。

(抜粋終了)

エコエネルギー(太陽光発電・風力発電・波力発電・他)は、
 
近年の地球温暖化問題の追い風を受けて、かなり広がりを見せています。
しかし、火力や原子力発電に取って代われるほどではありません。
その理由として、安定供給とコストという2点が課題となっています。

まず一番に挙げられるのが、”安定供給”です。
エコエネルギー(太陽光発電・風力発電・波力発電・他)は、
どうしてもその時々の状況によって発電量が左右されます。

電力会社の命題は、電力を“安定供給”することです。
『今日は悪天候のため、電気はございません』ということは
許されません。
この部分での問題点を解決するのは、
もう少し時間が必要かもしれません。

コストの面は、風力発電が徐々に普及することにより
タービンや発電機、プロペラなど高効率のものが
開発されつつあります。
普及すればするほどコストは下がると思われますので、
将来的にはコストの問題は、解決されていくと思われます。

エコエネルギーの太陽光発電・風力発電・波力発電の3つを比べたとき
波力発電は面積あたりのエネルギーとして、
太陽光の20〜30倍、風力の5倍あると言われています。

設置する場所などの条件や、上記の問題など
まだまだクリアーしないといけないハードルは多いですが
クリーンなエコエネルギーがもっともっと普及してほしいと思います。


≪関連記事≫
●新エネルギー みらいさが
波力発電
http://www.pref.saga.lg.jp/at-contents/kankyo/energy/wave.html


人気ブログランキング
波力発電のことについて少し知った…と思って頂いた方
応援クリックお願いします



簡単な工作で波力発電の仕組みを実験できるとのことです。
お子様と一緒なら、より勉強になりそうですね!

波の力で発電しよう。 波力発電実験器(ものづくりセット)1セット(2台)
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35626286
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック