2010年03月03日

春秋5連休が地域でバラバラに

春と秋の大型連休が、地域ごとに日付を変えるという
政府案が出ております。

ご存知の方も多いと思いますが
まずは、ニュースから。

<Yahoo!ニュース>
地域でずらして春秋5連休を=休暇分散化で政府案−観光本部
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100303-00000143-jij-pol

(以下抜粋)

 政府は3日、観光立国推進本部(本部長・前原誠司国土交通相)の分科会を開催し、ゴールデンウイークなどに集中している休暇の分散化案を提示した。春と秋の2回、全国5地域ごとに日程をずらして5連休を創設。混雑緩和による観光需要拡大や観光地での雇用安定化を目指す。祝日法改正などが必要なため、実際の導入は早くても2012年以降となる見通しだ。
 同日は、日本経団連など経済界の3団体から意見聴取し、「賛成だが十分な準備期間が必要」(経団連)、「取引先との調整が難しい面もある」(全国中小企業団体中央会)などの声が出た。経済界には反対の声も根強く、実現にはその理解が得られるかが大きなカギとなる。
 5連休をつくるには、春は憲法記念日(5月3日)とみどりの日(同4日)、こどもの日(同5日)、秋は海の日(7月第三月曜日)、敬老の日(9月第三月曜日)、体育の日(10月第二月曜日)の各3祝日分の休日を利用する。いずれも土・日曜と連続するように移動させる。
 五つの地域ブロックは、「北海道・東北・北関東」「南関東」「中部・北陸信越」「近畿」「中国・四国・九州・沖縄」を想定。春なら5、6月のうち5週のいずれかの土〜水曜に、5地域の5連休をそれぞれ当てはめる案を提示した。
 ただ、この場合は全地域を通じた5連休期間が月をまたぐため、5月各週の月〜水曜か水〜金曜のいずれかに設定する案も示した。秋についても同様な考え方で10〜11月または10月に5連休を分散させる。 

(抜粋終了)

これを知ったとき、観光業の方は喜ばれるかもしれないと思い、
日本全国に支店がある会社や、取引先が日本全国の会社は
ちょっと大変かも?と思いました。

ネットで出ていた意見は、
・カレンダーが大変
・パソコンのシステムが大変
・他の事業所がやってるのに休みが取れるのか
・行楽地の混雑や出国帰国ラッシュは、緩和しそう

などでした。

ネットを見る限りでは、反対意見の方が多いような感じですが
どうなるのでしょうか。

個人的には、旅行が快適に行けるようになれば嬉しいなぁと
感じました。皆様はいかがですか?


人気ブログランキング
あまり賛成ではないなぁ…と思った方
一票クリックお願いします



posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
他にもデメリットはありますよ

○大型連休に実家に帰省しても、実家の地域は休みじゃなく一家が揃わない。友達とも会えない
○3連休が激減して、旅行や遠出をする人が今以上に減る。交通機関や観光業界にとって痛い
○複数の県を行き来する電車やバスのダイヤが、祝日平日のどちらになるか分かりづらい
○銀行などは支店ごとに休みが異なるため、地域をまたいでの振込手続きなど送金処理で混乱発生


旅行がお好きのようですが、ダイヤの乱れは気になる所じゃないですか?
Posted by sei at 2010年03月04日 00:21
sei様

コメントありがとうございます。
ご返信が遅くなり申し訳ございません。

多くのポイントのご指摘、感謝いたします。

デメリットとメリットをどのように料理するのか、
政府のお手並み拝見といきたいところです。
Posted by Y.Kawachi@コスト削々.net at 2010年03月10日 16:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35959354
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック