2010年05月10日

高速道路無料化とCO2

6月から実施される高速道路無料化の社会実験ですが
国土交通省と環境省は二酸化炭素(CO2)排出量への影響試算を公表しました。

両省とも「CO2排出量全体に及ぼす影響はごくわずか」としていますが
国交省は排出量「25万トン減少」
環境省は「33万トン増加」
との試算です。

本当に正反対の結果に驚きました。

<Yahoo!ニュース>
<高速無料化>CO2排出量は減る?増える?…正反対の試算
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100507-00000078-mai-soci

(以下抜粋)

 6月に始まる高速道路無料化の社会実験が、運輸部門の二酸化炭素(CO2)排出量に与える影響について、環境省と国土交通省が7日、正反対の試算結果を発表した。環境省は「0.1%増」、国交省は「0.1%減」。試算の前提となる、無料化による移動手段の変化をめぐる見解の相違が原因で、両省は「実験の影響はごくわずか」と苦しい結論を導いている。

 社会実験は、地方の2車線区間を中心に37路線50区間、合計距離1626キロが対象。首都高速と阪神高速を除く全路線の約18%で、来年3月まで通行料を無料にする。試算は、無料化によるCO2排出量が、「休日上限1000円」導入前の05年度と比べてどう変化するかを推計した。

 国交省は「自動車の総交通量は変わらないが、高速道路の総走行距離が3%増える」と推測。高速道路の方が一般道より燃費が良いことから、排出量は0.1%(25万トン)減ると試算した。

 一方環境省は、無料化によって鉄道からマイカー利用に移行する人が増え「乗用車の総走行距離は約0.3%増える」と推測。この影響で排出量が0.1%(約33万トン)増えると結論付けた。

 国交省の試算は鉄道から自動車への利用転換を考慮せず、環境省は一般道から高速道への利用転換を考慮していない。小沢鋭仁環境相は同日の会見で「(両省の)意見が違い、一つのモデルでのシミュレーションにならなかった。社会実験でデータを集めたい」と述べた。

 ◇1000円高速は「増」

 環境省は同日、全国の高速道路で実施中の「休日上限1000円」の影響に関する試算結果も初めて公表した。これによる昨年度のCO2排出量は導入前より推定約1.1%(287万トン)増加したという。主な原因として、鉄道から自動車利用に切り替えた人が年間延べ4000万人おり、自動車の総走行距離が休日だけで約0.3%増えたと指摘している。

(抜粋終了)

「休日上限1000円高速」は「CO2増」とのことで
高速道路料金が安くなると、やはり「CO2増」と考えるのが妥当かもしれません。

景気回復を優先するのか。
CO2削減を優先するのか。
マニフェストを優先するのか。


支持率下落に歯止めが利かない民主党。
いったいどうしていくのか、注目です。


人気ブログランキング
高速道路料金は高い!…と思われる方
アンケートのクリックお願いします


よく乗せて頂く車に付いているのですが
付いていると運転時に安心感大幅UPです☆


posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37812500
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック