2010年05月31日

ipad発売!

予定より1ヶ月ほど遅れましたが、
日本でも、やっとiPad(アイパッド)」が発売となりました!

アメリカで、発売後1か月で販売100万台を突破し、
アメリカ国外での発売を遅らせたとの話しでした。

週末の報道番組でも、
少しでも早く「iPad(アイパッド)」を手に入れたいと
並んでいた徹夜組の人々や
多くの人が並んだ列をご覧になった方も多いと思います。<Yahoo!ニュース>
iPad発売…情報端末は新時代へ突入
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100529-00000026-yom-bus_all

(以下抜粋)

 米アップルの新型情報端末「iPad(アイパッド)」が28日発売された。

 高精細の大型液晶画面と使い勝手の良さを備えたiPadの登場で、パソコンメーカーや通信業界は新たな競争に突入する。

 キーボードにもなる液晶画面は9・7インチで、携帯電話より格段に大きく、動画や電子メール、電子書籍、ゲームなどの見やすさや臨場感が増した。アスキー創業者の西和彦・尚美学園大学大学院教授は「パソコンよりも持ち運びが便利で使いやすい。5〜10年で5000万台程度は普及する」と予想する。

 パソコンメーカーは、キーボードにもなる液晶画面を備えた情報端末を投入して対抗する。「携帯電話より使い勝手の良く、新たな市場を切り開く」(NECの遠藤信博社長)期待が高いからだ。パソコンとも異なり、情報端末の使い道を変える可能性もある。NECは今年度中に対抗商品を発売し、富士通や東芝も発売を検討中だ。

 通信業界でも、iPadというブランド力のある商品の発売を機に、顧客獲得競争が激化している。

 iPadでの情報のやり取りに内蔵された携帯電話機能を使う場合は、ソフトバンクの回線しか選べない。このため通信各社は、無線LANを使うiPadユーザーの取り込みを目指す。

 NTTグループは外出先でも無線LANを使える携帯型のルーターと呼ばれる中継機を6月に投入する。イーモバイルは26日から月額利用料を引き下げるキャンペーンを始めた。今後、データ通信料の価格競争が過熱する可能性もある。

 米調査会社アイサプライによると、iPadの主要部品は、液晶画面のほか、データを記憶するフラッシュメモリーやDRAMも軒並み韓国メーカー製で、日本勢の採用はTDKの香港子会社製のリチウムイオン電池だけだ。

 2007年発売の高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」には「日本製の部品が多く使われていたが、その後のアップル製品では割合が減っている」(ディスプレイサーチの氷室英利ディレクター)という。低価格攻勢を仕掛ける韓国勢などの台頭を象徴しているといえそうだ。

(抜粋終了)

「iPhone(アイフォーン)」の使い勝手は
知っていましたので、発売されれば便利になるだろうとは
思っていましたが、報道を見て思った以上の熱狂ぶり
少し驚きました。

使い勝手などを考えると、生活が変わる感じがするのが
『すごい!』と思います。

おかげさまで当会の方にも、
iPadのご注文を頂いております。

当会は、通信のコスト削減も行っておりますので
iPad・iPhoneのご用意をはじめ
全キャリアの購入やキャリア変更、機種変更が
可能です。


「携帯代が高い」
「このような機能が欲しいけど、どの機種がいいのだろうか?」

など、いろいろなお悩みを解決させて頂いております。

ご相談・お問い合わせは、無料です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

 ▼お問い合わせフォームはこちらです
 ┗・‥…━━━━━━━━━━━★
 http://www.costsakusaku.net/otoiawase.html


人気ブログランキング
iPad手に入れたよ!or気になる!…という方
クリックお願いします!



私がiPadを手に入れたら
このカバーを使いたいと思いました。
お値段は手ごろなのに、レザー製でスタンドも付いて
コストパフォーマンス高そうです!

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38678431
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック