2010年06月15日

高速道路無料化の注意点

今月28日よりスタートする高速道路の無料化社会実験ですが
注意しないといけない点があるそうです。

その前に・・・。
昨晩のW杯、感動しました!!よくがんばってくれました。

昨日のBlogでは前半戦を折り返したところで
書かせて頂きましたが、
その後、後半戦もなんとかしのぎ切っての勝利でした!

本当に、嬉しい勝利でした。
オランダ・デンマークと、勝つのは容易でない相手ですが
いいゲームを見せて頂きたいと思いました。

さてさて・・・
高速道路無料化の注意点ですが、

<Yahoo!ニュース>
通行券は取りましょう! 料金所では必ず停止 高速無料化の注意点
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000646-san-bus_all

(以下抜粋)

 28日午前0時からスタートする高速道路の無料化社会実験。「土日祝日1000円乗り放題」とは違い、自動料金収受システム(ETC)を搭載していない車も対象となるが、いくつかの注意点が必要だ。

 利用方法は、ETC搭載車はこれまで通りETC対応レーンを通行すれば、無料化区間の料金が徴収されない。

 問題は未搭載車だ。一般レーンの入り口で通行券を受け取り、出口で通行券を渡して無料化区分を差し引いた料金を支払う。無料化区間だけを走行する場合でも、必ず通行券を受け取る必要がある。

 入り口や出口で料金を支払う均一料金区間の場合も、無料になるからといって、料金所を突っ切るのはダメ。料金所で停止して、交通量を調べるための「利用証明書」を受け取る。

 国交省では交通量の変化のほか、地域への経済効果、環境への影響を調査・分析し、来年度以降、無料化区間をさらに拡大したい考えだ。

(抜粋終了)

“通行券を取るのを忘れずに!”ということですね。

無料ということで、ついつい高速のゲートを
素通りしてしまいそうになるかもしれませんが
ご注意なさって下さい〜。


人気ブログランキング
W杯よかった!という方
応援のクリックお願いします!



カートラブルに備えあれば憂いなし!
救急4点セット ブースターケーブル&けん引ロープです。

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38951942
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック