2010年06月28日

本日高速無料化開始

本日28日午前0時に高速無料化実験がスタートしました。
「今朝、無料化道路を通行したよ!」という方も
いらっしゃるかもしれません。

<Yahoo!ニュース>
高速無料化実験がスタート=全国37路線50区間で―国交省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100628-00000004-jij-pol

(以下抜粋)

 全国37路線50区間の高速道路を対象にした無料化社会実験が28日午前0時に始まった。期間は来年3月末までで、自動料金収受システム(ETC)搭載の有無にかかわらず、全車種が対象。国土交通省は、渋滞の変化や他の交通機関への影響などの分析を進め、2011年度以降の無料化の扱いを決める。
 無料化されたのは、道央道(北海道)や高知道(高知県)など地方の路線。宮崎県内で整備中の東九州道2区間も開通後に対象に追加され、合計距離は最終的に1652キロメートルとなる。有料区間では、「休日上限1000円」などを含む現行の料金体系が続く。
 高速無料化は、民主党が昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた目玉政策。物流コストの引き下げや地域経済の活性化が狙いで、参院選投票日前の実施は選挙対策の意味合いもありそうだ。ただ、今回の無料化区間は全体の2割にとどまっており、効果は未知数だ。
 無料化区間ではこれまで通り、ETC利用者は、カードを車載器に挿入してETC対応レーンを通過し、現金利用者は料金所で一端停止し、通行券を受け取る必要がある。社会実験のデータ収集に必要なためで、高速各社は注意を呼び掛けている。 

(抜粋終了)

関東近辺では、八王子バイパス・
新湘南バイパス・西湘バイパス
など。

関西近辺では、舞鶴若狭自動車道・
京都丹波道路
などが、無料化されています。

私は関西ですので、舞鶴若狭自動車道・
京都丹波道路ですが、どちらの高速もここ10年は
利用したことの無い道で、あまりメリットは無さそうです。

しかし、この無料化を行うことで
物流や観光が活発になればいいですね。



人気ブログランキング
今回の無料化はあまりメリット無い!…と思われる方
アンケートのクリックお願いします





posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39317712
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック