2010年07月14日

エコカー購入補助金制度 延長?

最近、車を買い替えた方の中には
エコカー補助金を使って買い替えという方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

そのエコカー補助金、今秋9月末で期限切れですが
国内景気減速懸念から、延長される可能性が出てきたとのことです。

<Yahoo!ニュース>
景気減速懸念 エコカー補助金延長も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100713-00000018-fsi-bus_all

(以下抜粋)

 9月末で期限切れを迎えるエコカー購入補助金制度が延長される可能性が出てきた。

 円高や政局の混迷により国内景気減速が懸念される中、制度終了による販売台数の大幅な反動減が懸念されていただけに、産業界からは期待の声が上がっている。

 直嶋正行経済産業相が13日の閣議後会見で、エコカー購入補助金制度に関し「経済の実態をよく見て(判断する)」と述べ、景気動向次第で延長する可能性を示唆。具体的には「まだ決めていない」としながらも、9月末までに方向性を決める考えを示した。

 欧州の経済不安に端を発し、対米ドルやユーロでの円高傾向が続いているため、輸出産業である自動車業界では収益環境の悪化が危惧(きぐ)されている。これに加え、エコカー補助金の終了により10月以降の国内新車販売が激減すればダブルパンチだ。

 このため日本自動車工業会の志賀俊之会長(日産自動車最高執行責任者)は、同制度の延長を要請する可能性を示唆。自動車産業はすそ野が広いだけに、産業界全体からも延長を期待する声が高まっていた。

 一方、一定の省エネ基準を満たしたエアコンや冷蔵庫などの家電を購入するとポイントが得られるエコポイント制度は、すでに2010年3月末から期限を12月末まで延長。利用は順調に伸びている。

 政府が同日発表した、エコポイント申請を開始した昨年7月から1年間の集計結果によると、個人による申請件数は約1700万件。このうち手続きが済んだのは約1571万件で計2455億点分のポイントを発行した。制度開始の09年5月中旬から今年5月末までの対象家電の販売は、台数ベースで前年同期比40%も増加しており「相当の効果があった」(政府のグリーン家電普及推進室)とみる。

 ただ、エコカー補助金の延長については「これ以上財政に負荷を高める判断は難しい」(エコノミスト)との声もあり、政府は景気動向をにらみながらの難しい判断が迫られる。

(抜粋終了)

この制度が9月末で終わるとなると、
確かに自動車販売台数は減少しそうですね。

ニュース内でも触れられていましたが
問題は、やはり“財源”でしょう。

財源確保に苦労している現状では、
制度延長は厳しいかもしれませんね。



人気ブログランキング
臨時収入があればエコカー買おうかな?…と思われる方
アンケートのワンクリックお願いします



走行距離21kmのプリウスの新古車。
新車に比べると結構、お値段お得です。

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39623401
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック