2010年08月02日

自転車は速度に注意

自転車のビジネス使用について
当Blogで書かせて頂いておりますが、
安全についてのニュースを見つけましたので
取り上げさせて頂きます。
<Yahoo!ニュース>
サイクリング、事故も人気も加速中 速度超過 配慮を
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100802-00000016-kyt-l26

(以下抜粋)

 健康志向や環境面からレジャーとして人気の高まる自転車の事故が相次いでいる。財団法人「交通事故総合分析センター」によると、サイクリング中に人身事故にかかわった自転車は昨年、全国で少なくとも5460台。スピードの抑制など、手軽さゆえにおろそかになりがちな安全対策に配慮するよう求める声が上がっている。

 ■京では死亡2件 昨年全国5000台超、スポーツ系好調 出荷は10年前の倍
 京都市内では5月、死亡単独事故が2件続いた。一つは16日昼に起きた。左京区一乗寺の林道で、会社員男性(59)のマウンテンバイクが転倒し、男性はヘルメットをかぶっていたが、首などを強く打って亡くなった。
 事故を招く背景は何か。京都府自転車安全利用推進員で、日本マウンテンバイク協会京都支部長の人見健司さん(38)=亀岡市=と現場近くを訪ねた。林道には、こぶし大から人頭大の石が散乱し、地面には樹木の根が露出する。行く手を遮る倒木もあり、道幅が1メートル以下の所もあった。
 アップダウンのある自然のコースを走行するのがマウンテンバイクの魅力だ。人見さんは「コース取りに注意しないと根や石に乗り上げ、バランスを崩してしまう。夏場は葉が茂り、視界が悪くなる。自然環境は常に同じとは限らない」と注意を促す。
 もう一つの死亡事故は17日昼に起きた。左京区鞍馬本町の国道で、スポーツ自転車でサイクリング中の会社員男性(34)がガードレールのない下り坂の脇から、がけ下に転落した。現場を見ると、木立に囲まれた道路は傾斜がきつい上、小刻みにカーブしていた。
 愛好者が増える自転車の中でも、特に目立つのがスポーツ自転車だ。社団法人「自転車協会」によると、協会加盟業者が製造、輸入するスポーツ自転車の国内出荷台数は2009年に約8万8千台と、10年前の倍になった。
 自転車専門誌「バイシクルナビ」の河西啓介編集長は「スポーツ自転車は速度が出やすいが、心地よさを感じるのは時速30キロぐらいまで。坂道なら簡単に40〜50キロに達し、恐怖感や緊張感が生まれ、自転車を制御するのが難しくなる」と話す。自転車は道交法上、車両の一種(軽車両)に当たる。河西編集長は、レジャーの場面に限らず、通勤通学などでも、交通ルールの順守に加え、適度な速度管理やヘルメットの着用を呼び掛ける。

(抜粋終了)

スピードの出しすぎは、
車も自転車も注意しなければいけませんね。


街中でもスポーツタイプの自転車をよく見かけますが
やはり皆さんスピードを出しておられる感じがします。

ビジネスで自転車を利用されている皆さまも
これから利用をお考えの皆さまも
スピードには注意していただいて、
ご安全なビジネス自転車ライフを楽しみましょう!


人気ブログランキング
経営・マーケティングに関するBlogが勢ぞろい!
人気があるBlogをご覧ください




posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 21:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車のススメ
この記事へのコメント
初めまして。
本件を取り上げて頂きありがとうございます。
新聞では紙面のスペースの関係上コメントが限られておりますが、取材はほぼ一日かかり、事故現場も実走しました。
MTB協会所属ですが、ロード等車種に関係なく活動をしており、特に安全に関してはプログラムのトップにしております。
私見ですが、街中で見かけるロードレーサーの方ってどうしてドロップ部分を持って走っているのでしょうね。販売店の説明不十分や先入観だと思いますが、ずっとあの姿勢だと目線が下がり危険です。
また先日数年ぶりにレースを観ましたがレベルの低さに驚きました。
レースに対するスキルも低いのですが、レース中での安全行為やコミュニケーションがなく、好き勝手に走っているので、「なんでここで落車?」ってな具合です。
私的には自転車界は危機的状況だと感じています。
Posted by 人見健司 at 2010年08月13日 00:13
人見健司様
ご返信が大変遅くなり申し訳ございません。
自転車に対する熱い想いを持たれていると感じました。
私自身は、電動のママチャリに乗っておりますので、スピードはあまり出ませんが、他の自転車のマナーの悪さには閉口している部分もあります。
あと、自転車に優しいインフラの整備も必要かと思います。
これからも、よろしくお願いします。
Posted by Y.Kawachi@コスト削々.net at 2010年08月27日 17:58
残暑お見舞い申し上げます。
確かに自転車に対するインフラ整備は必要ですね。協会の役職の立場上行政とも接することが多いのですが、
「これは市の管轄ではありません」
「これは府の管轄ではありません」
といった具合に、自転車と関係を持ちたくない姿がチラホラと見え隠れします。
ただ「国」の中には「なんとかしなければ」と調査等を行っている地域もあります。私も参加していますが。
いつになるかは分りませんが、表面上に出てない所で動きがあります。
こちらこそ、よろしくお願いします。
Posted by 人見健司 at 2010年09月12日 16:38
人見健司様
ご返信いただきありがとうございます。
「管轄」「管轄」ってお役所体質ですね。
新しい動きにご参加なさっておられるとのこと、素晴らしい事だと思います。
私もお手伝いさせて頂けることがございましたら、お声掛け頂ければ幸いです。
こちらこそ、よろしくお願いします。
Posted by Y.Kawachi@コスト削々.net at 2010年09月17日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39945110
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック