2010年08月16日

エコポイントが活動でもらえる?!

「エコポイント」
皆さんも、ご存知の言葉だと思います。

省エネ家電などを購入したときに付いてくる
“グリーン家電普及促進事業 エコポイント”

エコ住宅を新築された方やエコリフォームしたときに付いてくる
“住宅エコポイント”を、皆さん思い浮かべられると思います。

我が家も、先日液晶テレビを新調しましたが
付いてくるエコポイントの多さに、少し驚いてしまいました。

そんなエコポイントですが、
これからは、家やリフォームや家電を買わずとも
もらえるようになるかもしれないというニュースです。<Yahoo!ニュース>
資源循環活動で「エコポイント」付与 環境省、来年2月にも指針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100815-00000003-fsi-bus_all

(以下抜粋)

 廃棄物の抑制や再資源化などの“資源循環”活動を行う消費者や市民に対して、商品やサービスの割引や特典に交換できる「エコポイント」を与える−。環境省はその仕組みを普及させるため、エコポイントの導入手順などを示したガイドライン(指針)を来年2月にも策定する。すでに一部の衣料品メーカーや自治体などが同様の取り組みを進めており、先進事例を指針で紹介することも検討中だ。

 ◆3R意識を高揚

 今回の指針は、廃棄物の抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再資源化(リサイクル)の頭文字をとった「3R」活動への消費者や市民の参加意欲を高めることが狙い。

 環境省は、その喚起策として「3Rエコポイント」制度に着目。企業や自治体などが制度を導入しやすいよう指針を作成することを決めた。これを受けて有識者による検討会が7月に指針の議論を本格化させた。

 制度は、特定の3R活動を行う消費者や市民に対して、活動内容に応じたポイントを付与。ためたポイントを商品割引券への交換など多様な「還元メニュー」で利用できるようにする。

 指針は、制度の概要や導入意義などを明確化。そのうえで、導入の手順を「準備」「計画」「実施」「評価」というフェーズに分ける。中身の詳細は、検討会で詰めていく。

 検討会では3R活動に伴って削減された二酸化炭素(CO2)排出量などを測定する手法や、3Rの環境負荷低減効果に応じポイントを付与する方策も議論。加えて、ポイントの原資を負担する企業などにコスト削減効果を示すことも検討し、指針に反映したい考えだ。

(抜粋終了)

このニュースには、いい意味で驚きました。
実際には、具体的にどのような活動を行えばいいのか
どのように申請するのかなど
乗り越えなければならないハードルもあるような感じもしますが
とても意欲的な試みだと思います。

ぜひ、形のあるものにして頂きたいですね。

人気ブログランキング
経営・マーケティングに関するBlogが勢ぞろい!
人気があるBlogをご覧ください



見た目はちょっとおしゃれなビジネス用カバン
素材には「あるリサイクル素材」が使われています
UPの写真で見て頂きたい、かっこよくてエコなグッズです

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40202825
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック