2010年08月31日

アイドリングストップ

車に乗る機会の多い方でしたら、
気になるのはガソリン代と思われる方も多いかもしれません。

特に、自家用車に乗っておられる方は
アクセルの開け方に気を使ってエコ運転なさっている方も
多いと思われます。

最近の円高でガソリン代は安くなっているということですが
ガソリン代は、まだまだ高い気がします。

エコ運転を気にしておられる方
ガソリン代を高いと思っておられる方の中には
アイドリングストップを行っているという方も
いらっしゃるかもしれません。

燃費には、アイドリングストップを行った方がいいのは
わかるのですが、エアコンを付けてたりしますと
信号待ちでも、なかなかエンジンは切れなかったりします。

そこを全自動で!
ということで、アイドリングストップを搭載した車が
人気
しているようです。

<Yahoo!ニュース>
アイドリングストップ人気 燃費向上、搭載車続々
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100831-00000106-san-bus_all

(以下抜粋)

 信号待ちなどの停車時にエンジンが自動で停止するアイドリングストップ機能を搭載した車が相次いで登場している。消費者の燃費志向が高まる中、低コストで燃費を向上できるためだ。

 スズキは今月20日、主力車「ワゴンR」の一部改良に合わせ、アイドリングストップ搭載モデルを追加して発売した。燃費はガソリン1リットルあたり25キロで従来より2キロ向上し、軽ワゴン車トップの燃費を達成。日産自動車も小型車「マーチ」にアイドリングストップ機能を搭載し、ガソリン車トップの燃費26キロを実現した。

 軽自動車を除くすべての販売車両に独自のアイドリングストップ機能「アイ・ストップ」を搭載する方針を打ち出しているのがマツダ。7月に発売した新型ミニバン「プレマシー」は販売の約7割を搭載モデルが占める。

 マツダは「アイドリングストップは比較的に低コストでできて、他の車種へも展開しやすい」と話す。

 矢野経済研究所によると、2009年のアイドリングストップ搭載車の世界販売台数は欧州を中心に約90万台。15年には約1043万台、市場規模は1708億円まで拡大すると予測している。


(抜粋終了)

これらの車だと、アイドリングストップしても
エアコンは消えないのでしょうね。

アイドリング中も、ガソリンは消費されています。
アイドリングストップは、エコ+燃費向上となりますので、
このニュースにもありますが、どんどん広がってほしいですね。


人気ブログランキング
アイドリングストップしている!という方
アンケートのワンクリックお願いします





posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40465393
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック