2010年09月01日

低燃費タイヤが急増

燃費が良くなるタイヤを、TVなどのCMでご覧になった
ことがある方も多いかもしれません。

カー洋品店では、タイヤの売り上げの25%が
低燃費タイヤになっているとのことです。

<Yahoo!ニュース>
低燃費タイヤ 新制度で急増、エコ志向にシフト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100901-00000557-san-bus_all

(以下抜粋)

 ハイブリッド車を始め、自動車メーカー各社の燃費競争が熱を帯びているが、その足元を固めるタイヤにも環境対応の低燃費タイヤの割合が急増している。

 「今年春以降、タイヤメーカー各社のラインアップが充実し、販売の25%が低燃費タイヤになっています」と話すのはカー用品販売のスーパーオートバックス足立(東京都足立区)の店長、木内幸久さん。

 低燃費タイヤが増えている背景には、日本自動車タイヤ協会が今年1月にスタートさせた「ラベリング制度」がある。乗用車の交換用夏タイヤに、燃費性能と密接に関係するタイヤの転がり抵抗係数を5段階で、ぬれた路面でのグリップ性能を4段階で表示する統一基準を設定。転がり抵抗が最も少ない、つまり燃費がよくなる順に「AAA」から「AA」「A」までの3ランクでウエットグリップ性能も基準をクリアしたものに「低燃費タイヤ」マークが付く。タイヤ公正取引協議会の推計では、タイヤの燃費への寄与率を10%と仮定した場合、転がり抵抗が20%低減したら、燃費は2%向上するとしている。

 日本能率協会総合研究所(東京都港区)が8月上旬に乗用車を持つ約3万2千人を対象にした実態調査では、低燃費タイヤの認知度は71・6%で、全体の13・7%が同タイヤなどエコタイヤを購入していることが分かった。

 同調査ではメーカー別の販売本数シェアを発表しているが、そのトップになったダンロップを製造販売する住友ゴム工業は、「当社の試算では年1万5千キロの走行で4千〜5千円の燃費改善が認められており、タイヤ価格と燃費とのバランスでも消費者にメリットがある」としている。

(抜粋終了)

節約できる金額としては、
「年1万5千キロの走行で4千〜5千円の燃費改善」とのことです。

わが愛車ですが、
「年1万5千キロの走行」してるかな?と考えてみました。

15000キロ÷12ヶ月=1250キロ
1250キロ÷20日(平日)=62.5キロ

平日平均して毎日62.5キロ乗っているかということです。
私はそこまで車に乗っていませんでした。

しかし、毎年15000キロ乗らなくても
いつかは、その距離に達することですので
低燃費タイヤの導入を考えてもいいのかもしれません。

普通のタイヤと、どれくらい値段が違うのか?と
いうこともありますので、一概には言えませんが、
エコにもなるので、使ってみても良いかもしれませんね。



人気ブログランキング
低燃費タイヤを検討してみようかな?と思った方
アンケートのクリックおねがいします



各タイヤのサイズがありますので
お持ちの車に合ったサイズをお買い求めください。
こちらのサイズはご参考までに。

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40480497
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック