2010年09月02日

万引き被害0へ

小売店を悩ます、ひとつの原因として“万引き”
あげられることがあります。

お客様が手にとって選べるお店に
被害が多いですが、実際に被害に遭われた方が
警察に届けると、こうなるというニュースがこれです。


<Yahoo!ニュース>
万引き届け出の負担軽減=書類作成時間、半分に―被害の全件通報呼び掛け・警察庁
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201008/2010083100905&rel=y&g=soc

(以下抜粋)

 警察庁は2日、万引きの被害に遭った店が警察に届け出やすいように、事件処理の書類を簡素化する方針を決めた。従来約4時間必要だった書類作成時間は、ほぼ半分になる見通し。10月から実施し、被害の全件通報を呼び掛ける。
 万引き事件では、被害店舗の関係者が警察署に出向き、被害届や供述調書の作成に立ち会う必要がある。長時間職場を離れて捜査に協力するのは大きな負担で、代金が弁償されれば、警察への届け出をためらう店舗も少なくない。
 書類の簡素化は届け出の負担軽減が狙いで、万引き専用の被害届を用意し、チェック欄を多用して記載事項を削減。目撃者や容疑者の供述調書も定型の文面を印刷しておき、短時間で作成できるようにした。 

(抜粋終了)

警察に届けたときの、書類作成時間は
従来約4時間が→これからほぼ半分の2時間
になるとのこと。

皆さまは、この時間どうお感じですか?
私は、長すぎだと感じました。

しかし、万引きの被害に苦しんでおられる方、
この届出の時間が長いため被害届けを出さない方も
たくさんいらっしゃることだと思います。

もし、防犯カメラを導入できれば、
万引きを防ぎ、商品ロスを削減することによって、
損失を大幅に減らすことができるのではないでしょうか。

しかし、防犯カメラの導入には
イニシャルコストがかかるのが、問題でした。
値段的には、数万円〜といったところが
初期費用で必要です。

当会のお客様からは
「防犯カメラ付けたいけど、高いから…」というお声を
以前から頂いておりました。

そこで当会は自動販売機の飲料メーカー様とのコラボレーションで
“無料”防犯カメラを設置させて頂くことが可能な仕組みを
作り上げることに成功いたしました。

万引きにお悩みの店舗様
商品ロスを削減したい事業主様
防犯カメラをご検討中の各オーナー様


一度聞かれても、決して損の無い話しだと思います。
ぜひ一度、お問い合わせ下さい。
ご相談はもちろん無料です。

 ▼お問い合わせフォームはこちらです
 ┗・‥…━━━━━━━━━━━★
 http://www.costsakusaku.net/otoiawase.html


人気ブログランキング
経営・マーケティングに関するBlogが勢ぞろい!
人気があるBlogをご覧ください





posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40502992
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック