2010年10月26日

レンタサイクル社会実験終了

金沢市で61日間実施されていた
レンタサイクルの社会実験ですが。
利用回数は市の予想を大いに上回る
約2万1,600回
に上ったことが判明しました。

<Yahoo!ニュース>
レンタサイクル実験「まちのり」終了−利用回数、予想を上回る2万回超に /石川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101026-00000002-minkei-l17

(以下抜粋)

 8月21日から金沢市中心部で実施されていた市のまちなか公共レンタサイクル社会実験「金沢レンタサイクルまちのり」が10月20日、終了した。61日間の利用回数は市の予想を上回る約2万1,600回に上った。(金沢経済新聞)

 「まちのり」は、事前に登録した人がレンタル自転車を共同で利用するシステム。JR金沢駅東口や武蔵、香林坊、長町緑地、広坂の21世紀美術館駐輪場、兼六園の白鳥路、東山、北陸鉄道石川線野町駅舎内など市中心部10カ所に貸し出しと返却の拠点「サイクルポート」を設け、新品の自転車100台を配置していた。

 21日に金沢市が集計したところ、期間中の延べ利用回数は2万1,622回で、1日あたりでは平均354回と、市が当初見込んでいた「1日あたり200回程度」を大幅に上回った。このうち、休日は1日あたり443回、平日は308回だった。

サイクルポート別では、武蔵の近江町市場横が貸し出しと返却を合わせて7,924回と最も多く、JR金沢駅東口の7,474回が続いた。金沢を訪れた旅行者が観光の足として使うケースが多かったと見られる。実際、同駅のポートには、レンタサイクルで市内観光をした関東圏の女性グループから「タクシーで目的地に向かうのは味気なく、自転車に乗れて楽しかった。金沢は交通標識がわかりやすく迷わずに済んだ」との声が寄せられたという。

一方、21世紀美術館や香林坊、野町駅舎には、市中心部の勤務先に通う会社員や買い物に出かける主婦らが姿を見せた。

 市歩ける環境推進課の古谷健担当課長補佐は「早い時期にホテルや観光業者に周知を図ることができたため、観光客の利用が伸びたと思う。特に最初の1カ月は8割の人が観光・レジャー・まち巡りを目的にしていた。暑さが和らいだ後半は市民が増えたのでは」と話す。

市では今後、利用者の内訳や目的、頻度などを集計する予定。さらに、登録者6,223人と7法人にアンケートを郵送して使い勝手や改良点などについて尋ね、本格導入を検討するという。

 実験で使った自転車は県自転車軽自動車事業協同組合が再整備し、10月24日に金沢市民芸術村(大和町)で開催する「かなざわエコフェスタ2010」で販売する。

(抜粋終了)

記事によると、観光客だけでなく
会社員や主婦の方も利用していたとの事で
本格導入されれば、観光の方はもちろん
地域の方々にも重宝されそう
な気がします。

私の住む街にも、
駅にレンタサイクルがあるので便利です。

レンタサイクルがどんどん広がることは
エコや利便性の観点から見ても
とても嬉しいのですが
あとは自転車道や駐輪場など
“自転車にやさしい街づくり”
どんどん進めてほしいと願っています。


人気ブログランキング
レンタサイクル賛成!という方
アンケートのクリックお願いします!





posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車のススメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41488927
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック