2010年11月04日

自転車での携帯・音楽危ないです

自転車のビジネス利用をおすすめしている
当サイトですが、自転車乗っておられますか?

自転車に乗ってて、ヒャッとすることのひとつに
他の自転車のマナーの低さがあります。
そこで、このニュース。


<Yahoo!ニュース>
自転車運転中の携帯電話・ヘッドホン禁止、神奈川県が罰則導入へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101103-00000022-kana-l14

(以下抜粋)

 交通事故防止に向けて県は2日、自転車運転中の携帯電話使用や大音量でのヘッドホン着用を「禁止行為」と位置付け、違反した場合は罰則を適用させる規制に乗り出す方針を明らかにした。すでに全国34都道府県が規制を導入しており、松沢成文知事の要請を受けて県公安委員会が検討を開始。県道路交通法施行細則を一部改正した上で、来春の適用開始を目指すという。

 県によると、自転車に関連した交通事故は2002年の1万3476件をピークに減少傾向にあるものの、事故全体に占める割合は年々増加。09年は4万3017件の事故のうち、自転車関連が24%を占めた。

 事故原因別の統計はまとめていないが、携帯電話使用やヘッドホン着用が原因とされる事故は「中高生を中心に日常的に見受けられる」(県警)のが現状という。

 こうした「運転マナー低下の社会問題」への対処は、多くの都道府県公安委が、独自規定の「運転者の順守事項」で規制内容を明記している。▽携帯電話を操作しながらの運転▽安全運転に必要な音や声が聞こえない状態での運転―といった行為を禁止事項としており、違反者には5万円以下の罰金が科せられる。

 松沢知事は全国の規制導入状況をみて「神奈川は遅れている」と判断。運転マナーの向上を呼び掛けるだけでなく他県と同様の規制強化で事故抑止効果を高めようと、県公安委に規則改正を申し入れた。

 県警は「自転車は手軽な一方、免許証がないなど運転者に交通ルールが浸透しない面がある。規制内容は県民の理解を得られるようにまとめていきたい」としており、県民から意見を聞くなどして検討を進める考えを示している。

(抜粋終了)

今回は神奈川県の話しですが、
同様の規制は、すでに34の都道府県で行われています

私が他の自転車を見て『怖いなぁ』と感じるのは
携帯電話より、ヘッドホンの方が多いです。

ヘッドホンを聴きながら走っておられる方の多くは
大きな音で聴かれているのか、
ベルの音が聞こえないといったことが、
しばしば、あるようです。

周りの方の安全のためにも、
自転車を運転するときには注意したいですね。


人気ブログランキング
経営・マーケティングに関するBlogが勢ぞろい!
人気があるBlogをご覧ください




posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 08:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車のススメ
この記事へのコメント
イヤホンやヘッドホンではなく、スピーカーなら合法的ですね。
Posted by at 2010年11月09日 18:14
コメントありがとうございます。
確かに、スピーカーなら大丈夫ですね。

ヘッドホンの問題点は
『周りの音が聞こえなくなる』
という点に尽きます。

せめて片耳だけにしておくなどの
安全対策は自転車を乗る側に
(出来れば歩いている方も)
必要だと思います。
Posted by Y.Kawachi@コスト削々.net at 2010年11月11日 09:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41590631
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック