2010年11月10日

X'masイルミ始まる

ここ数日ぐっと冷えてきました。
11月ともなれば、年末年始の話しも
ちょこちょこ出てきますが、
やはり、X'masイルミネーションでしょうか。

最近は屋外のイルミネーションでは
LEDが主流で、電球のイルミを見ることも少なく
なってきましたね〜。

<Yahoo!ニュース>
東京駅グランアージュでイルミネーション点灯−テーマはオーロラ /東京
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101109-00000056-minkei-l13

(以下抜粋)

 東京駅八重洲南口の商業施設「GranAge(グランアージュ)」で11月8日、クリスマスイルミネーション「Wonder Christmas 2010」が始まった。(日本橋経済新聞)

 イルミネーションの開催は今年で9回目。今回は「オーロラが降り注ぐ北極圏」をテーマに、青と白のLEDを用い、大人っぽさとファンタジックなムードを兼ね備えたクリスマス空間を演出。電球の数は昨年の1万5,000個から3万5,000個に増やした。

 期間中、施設内の各会場でオーロラにちなんだイルミネーションを展開。1階エントランスには、「神秘的な森の中のもみの木とそこに集まってきたトナカイ」を再現。高さ6メートルのモミの木に青と白のオーナメントボールとLEDのアイスドロップなどを施したメーンツリーを設置する。野外の公開空き地には、「静かな夜空に広がる神秘的な森の静寂」をLEDで装飾したトナカイやビックコーンなどを用いて再現。そのほか、2階から地下1階へ続くエスカレーター上部にミニツリーと天井装飾を配置する。

 「青と白をベースしつつ、特に白で『雪原」を表現するエッジの効いたイルミネーションにしたいという発想から、北極圏やオーロラのイメージが湧いてきた」と担当の山崎隼人さん。「八重洲、丸の内に勤務する多くのオフィスワーカーをはじめ、年末シーズンの東京駅の利用客などに、グランアージュならではの大人の空間を楽しんでもらいたい」とも。

 点灯時間は16時〜23時。12月25日まで(公開空き地のみ来年2月28日まで)。

(抜粋終了)

東京駅八重洲南口の商業施設の
イルミネーションのニュースでしたが
青と白のイルミネーションとのことで、
大人なイメージですね。

多くのイルミネーションでLEDが使用されるように
なっていますが、やはり消費電力が電球タイプのモノと
比べるとかなり違います。

多くの企業の照明でも最近LED照明が好調です。
照明に関する省エネ、コスト削減はお済みですか?
当会では
・ダウンライト
・水銀灯
・蛍光灯

などのLED化を行っております。

LED化するメリットは、
・電気代の削減
・CO2削減
・上記効果によるイメージUPが挙げられます。


対するデメリットは、
・イニシャルコスト(初期投資)がかかるということです。

このデメリットは、当会が解決いたします。
当会では、LED照明の導入にリースの使用が可能な場合がございます。
月々の削減額以下のお支払い金額も可能ですので
実質負担無しで、導入が出来る場合がございます。

一度、ご相談ください。全国対応致します。

 ▼お問い合わせフォームはこちらです
 ┗・‥…━━━━━━━━━━━★
 http://www.costsakusaku.net/otoiawase.html


人気ブログランキング
LED照明、家や会社で使ってます!という方
アンケートのワンクリック!



こんなイルミがキレイですね〜!


posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41670310
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック