2010年11月29日

ビジネスマンもコスト削減

男性ビジネスマンを対象に
生活時間に関するアンケート
が行われました。

アンケートは1980年以降10年ごと
調査されており、今回は4回目とのこと。

今までに無かった特徴とは…?


<Yahoo!ニュース>
勤務時間減、30年前の水準に=睡眠、読書は減り、ネット増―シチズン調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101127-00000011-jij-soci

(以下抜粋)

 不況で残業が減り、勤務時間は短くなったが、飲みにも行かず、家ではネット―。シチズンホールディングス(東京)が行った生活時間に関するアンケートで、男性ビジネスマンのこんな日常が浮かび上がった。
 同社は1980年以降10年ごとに、男性ビジネスマンを対象に生活上の所要時間をアンケート調査。4回目の今年は20〜50歳代の計400人に聞いた。
 平日1日当たりの睡眠時間は、6時間2分と80年(7時間1分)から約1時間減で過去最短。食事時間も1時間9分で、1時間20分台だった過去3回の調査よりも短かった。一方、勤務時間も8時間39分と前回2000年から1時間近く減少。80年(8時間36分)の水準に戻った。
 仕事や睡眠など生活に必要な時間を除いたプライベートな時間では、ネットやメールに費やす時間が週に計7時間59分と最多。テレビは7時間52分で、調査開始以降初めて首位の座を譲り、視聴時間も30年前の13時間2分から大きく減った。本や新聞、雑誌を読む時間も2時間36分で、80年の8時間42分から大きく減り、「活字離れ」が如実に。今回初めて項目に加わった「電子書籍を読む」人の割合は14.5%にとどまったが、費やしている時間は2時間9分だった。
 また、外で喫茶や飲酒する時間も、最多だった90年の7時間52分から、今年は2時間25分と大幅減。逆に「毎日自宅で夕食を取る」との回答が初めて半数を超えた。
 シチズン広報は「不況で帰宅時間が早まり、自分の時間の使い方に対する意識は強まった。半面、飲みに行くなど人とのかかわりが減り、『内向き』になっているのではないか」と話している。 

(抜粋終了)

一番印象に残ったのは
“「毎日自宅で夕食を取る」との回答が初めて半数を超えた。”というところです。

そういう私も、「毎日自宅で夕食を取って」います。
外食産業さんが大変なのが分かりますね。

残業代も減っていることもあり
個人のコスト削減には、皆さん取り組まれているようです。
社内のコスト削減はいかがでしょうか。

私たちCSKKはコスト削減集団です。
コスト削減・省エネに成功したお客様の笑顔を
拝見させて頂くために頑張っています。
皆さまのコスト削減・省エネのお手伝いをさせて頂きます。

 ▼お問い合わせフォームはこちらです
 ┗・‥…━━━━━━━━━━━★
 http://www.costsakusaku.net/otoiawase.html


人気ブログランキング
そういえば、自宅で夕食食べてます。と思われた方
アンケートのワンクリック☆彡



お家で楽しみたいですね!

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41896260
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック