2011年01月24日

無料ソフトでコスト削減

パソコンで使用する有料ソフトを
インターネットで手に入る無料ソフトに切り替えるという方法で
コスト削減を行う場合があります。

当会でも企業様に導入させて頂いている
コスト削減の手法の一つです。


<Yahoo!ニュース>
無料ソフトで自治体コスト減らせ 機能向上、有料から切り替え
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110122-00000136-san-soci

(以下抜粋)

 自治体がパソコンで使用する有料ソフトを、インターネット上で配布されている無料ソフトに切り替える動きが広がっている。不況で税収減に悩む自治体にとって手っ取り早いコスト削減策で、導入を後押しする企業関係者からも「無料ソフトの機能は向上している。この流れは今後も拡大していく」との声が上がる。

 インターネットを通じた届け出の受け付けなど事務作業のIT化に積極的な福島県会津若松市はワープロや表計算ソフトに、マイクロソフト社の有料ソフト「オフィス」を使っていたが、平成19年から庁内のパソコンすべてに同種の無料ソフト「オープンオフィス」を導入した。

 オフィス(通常版)は新たに購入すると6万円近くかかり、定期的に使用権の更新料も必要だが、オープンオフィスを導入すれば、すべて無料になる。同市では対外的なデータのやりとりに備え一部のパソコンにオフィスを残したままだが、それでも5年間で1500万円のコストダウンを見込んでいる。

 大阪府箕面市でも教員用の約400台のパソコンや、授業で子供が使う千台を超えるパソコンにオープンオフィスを採用。教員用パソコンは基本ソフト(OS)も有料のウィンドウズから無料のリナックス系ソフトに切り替えた。同府八尾市ではオープンオフィスを試験的に使用している。担当者は「ここ数年で、無料ソフトの機能や使い勝手が有料ソフト並みに向上している」と話す。職員数が多い都道府県や政令指定都市でも山形県、横浜市などで導入の動きがある。

 自治体にオープンオフィス導入をサポートしている企業「グッデイ」(大阪市)の担当者は「オープンオフィスのデータ形式は国際標準規格に適合している。公的文書のデジタルデータが増えていく中、長期保存という面からも問題はない。導入拡大の流れは今後も進んでいくだろう」と話している。

(抜粋終了)

オープンオフィスは、そのまんまマイクロソフト社の「オフィス」というわけでは
ありませんが、かなり互換性の高いソフトです。

当会もコンサル先様のコスト削減で
オープンオフィスを何度か導入のお手伝いをさせて頂きました。
当会もオープンオフィスを使用しております。
(マイクロソフト社の「オフィス」も併用ですが)

この場合のコスト削減は、
初期投資のかからないコスト削減になります。

私たちCSKKはコスト削減集団です。
コスト削減・省エネに成功したお客様の笑顔を
拝見させて頂くために頑張っています。
皆さまのコスト削減・省エネのお手伝いをさせて頂きます。

 ▼お問い合わせフォームはこちらです
 ┗・‥…━━━━━━━━━━━★
 http://www.costsakusaku.net/otoiawase.html


人気ブログランキング
今日の記事は参考になった という方
応援のワンクリックお願いします





posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42812316
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック