2009年11月05日

大阪府・大阪市もコスト削減

いつもブログのネタを探しに行くYahoo!ニュースさん。
今日、ニュース内検索で“コスト削減”というキーワードで検索をしてみたところ
「コスト削減で検索した結果 1〜10件目 / 482件」と出て、
その多さに驚きました。

その中でもパッと目についたのが
我が街「大阪」の記事でした。

<Yahoo!ニュース>
大阪府市が備蓄米を共同購入 入札登録の一本化も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091105-00000615-san-l27

(以下一部抜粋)

 大阪府と大阪市は5日、今年度から災害備蓄米約25万食を共同購入すると発表した。事務効率化とコスト削減が狙いで、市によると、道府県と政令市による物品の共同購入は全国で初めて。ともに民間出身の橋下徹知事と平松邦夫市長が進めている「府市連携」の一環として、事務方が主導してまとめたという。

 これまで府と市は毎年、個別に災害備蓄用の「アルファ化米」を入札で購入。昨年度は計25万2500食分を計3835万円で購入した。今年度は来年1月に行う入札業務を府に集約し、府が市の分を含めて一括発注する。事務効率が上がり、単価が下がる効果も期待できるという。

 今年度は試行的に実施。来年度以降は薬品やガソリンなど対象の拡大も検討する。

(一部抜粋終了)

大阪府・大阪市と言えば、あまりいいイメージが無い方も
いらっしゃるかもしれませんが、これは拍手を送りたいです。
いわゆる「調達コストの削減」です。

コスト削減の基本は、
出来るだけ初期投資(イニシャルコスト)を掛けずに
削減に取り組むということが大切です。


当会でも、出来るだけ初期投資は行わずにコスト削減を進めるということを
させて頂いております。

久々にちょっと感心した、府市のニュースでした。


人気ブログランキング
25位以上目指してます!(左のランキングで今の順位の確認が可能です)
ぜひ応援クリックお願いします



家庭用の非常用備蓄米は、これがオススメです。
火が無くても温かいご飯が食べられるそうです!

緊急事態にも安心!マジックライス・水・発熱体がセットに!非常食セット NO.13(6個セット)

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年11月04日

デフレ問題がまたひしひしと…

上向きそうでなかなか上向かない景気。
日経平均も1万円でもみ合っております。

物が売れない時代になっており
ジーパン・家具なども値下げのニュースが続いています。

今日はこんなニュースを見つけました。

続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年11月02日

太陽光発電 倍額買取開始&AED無料講習案内

太陽光発電装置の普及を狙った余剰電力倍額買い取りが
昨日11月1日にスタートしました。

当Blogでは前々からお伝えさせて頂いておりますが
買取価格の負担増加分は、来年から電気利用者に回ってきます。
1世帯当たり月額で、30〜100円の負担増と見通しです。

黒ハートAED無調講習も以下からどうぞ。

続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年10月23日

官公庁でもLED蛍光灯

最近は官公庁でも省エネ機材が導入されていますが、
LED蛍光灯が導入される役所があるという
ニュースを見つけました。

<Yahoo!ニュース>
太田市:庁舎内の蛍光灯をLEDに 電気料とCO2削減 /群馬
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091023-00000120-mailo-l10

(以下抜粋)
 太田市は市役所庁舎内の蛍光灯を発光ダイオード(LED)に切り替える準備を進めている。電気使用料金を削減し、鳩山由紀夫首相が提案した温室効果ガスの25%削減目標にも積極的に参加する「一石二鳥」を狙う。街路灯も順次、LEDに切り替え、市の経費削減を図る方針だ。
 太田市によると、既存の40ワット蛍光灯に対し、LEDは20ワットで現状の明るさが確保できるという。寿命も蛍光灯に比べ3〜4倍と長いのが特長だ。
 同市役所内には20〜40ワットの蛍光灯や特殊スポットライトが約8500基あり、年間の電気使用料金は5098万円。このうち、すぐにLEDへの切り替えが可能な1本型長管型蛍光灯は4230本ある。これを交換するだけで、約1700万円の電気料金が削減され、二酸化炭素(CO2)の排出量も大幅な削減が見込めるという。
 LEDの価格は蛍光灯に比べ高価だが、電気料金や耐久性を考慮すると、長期的にはLEDが有利になると判断した。蛍光灯だと短命な街路灯への導入も有効とみており、市内の街路灯計1万7186本も、LEDに切り替えていく方針だ。
 市は計画に先立ち、5階小会議室の蛍光灯をLEDに切り替え、実験を進めている。清水聖義市長は「切り替え時には金額が膨らむが、長い目で見ると、地球的にも優れた照明器具と言えそうだ。LEDの青白い光で市内を包むと犯罪抑止効果もありそうだ」と力を入れている。
(抜粋終了)

「初期コストや性能面が…」と言われることが多い
LEDですが、徐々に官公庁でも採用が決まってきているようです。

イニシャルコストを気にされる事業所は、反射板もございますし
長い目で見られる事業所はLEDと、適材適所で
コスト削減&CO2削減ですね。

LED蛍光灯も蛍光灯反射板もCSKKにお任せ下さい。
よりよい形で、お客様と一緒に考えさせて頂きます。

 ▼お問い合わせフォームはこちらです
 ┗・‥…━━━━━━━━━━━★
 http://www.costsakusaku.net/otoiawase.html


人気ブログランキング
官公庁も結構動き早いな…と思われた方
応援クリックお願いします



≪関連記事≫
●コスト削々.net
co2削減に効果的な、蛍光灯反射板 MCPETα
http://www.costsakusaku.net/mcpet.html


癒せるLEDもあるんですね!

色とりどりの光に透ける昔なつかしい物語−。LEDライトテラピー お肩をたたきましょう
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年10月09日

在日中国人の方のブログ「日本企業の驚くべき経費節約術」

今日もBlogに記事を書くべく
yahooニュースを見ていたところ
こんなニュースを見つけました。

<Yahoo!ニュース>
<在日中国人のブログ>トイレまで使用制限!不況で経費節約迫られる日本のサラリーマン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091008-00000012-rcdc-cn

(以下抜粋)
2009年10月6日、在日中国人のブロガー・唐辛子(ハンドルネーム)さんは「日本企業の驚くべき経費節約術」というタイトルで、不況にあえぐ日本企業の経費節約術を、自身の身近な実例や週刊誌に掲載された例を挙げて紹介した。

唐辛子さんによると、日本は現在不景気の真っ只中にあり、かつては見られなかったような経費節約が行われているという。以下は唐辛子さんが挙げた例。

唐辛子さんの先輩がテレビ番組に出演した際、以前ならばお昼には必ず弁当が支給されたが、現在は経費削減のため弁当がカットされ、担当者の「申し訳ありません。ご苦労様でした」の言葉だけに変更されている。

「世界500強企業」にランクインするような大企業でも給料のカットだけでなく、出張の削減を余儀なくされ、これまで現地(海外を含む)で行っていた技術指導なども、電話やメールで対応するケースが増えた。

また、週刊誌に掲載された「節約術」について、唐辛子さんは「見識を新たにした」と紹介する。以下はその事例。

1.節電・消灯キャンペーン
節電と健康維持をお題目に、社員に対しエレベーターでなく、階段の利用を勧める。消灯については、時間厳守で社内全ての電灯を消す会社が存在するだけでなく、消灯する蛍光灯の数を月ごとに増やし、社員の目を暗さに慣れさせて節電しているという涙ぐましい例もある。

2.環境保護キャンペーン
社長が環境保護と節電を目的に事務所内のエアコンの利用を制限した結果、暑さで社員が上着を脱いだり、ネクタイをはずしたり、訪問客にはとても見せられないような状態になってしまった。そのため、入り口に「見張り」を配置し、訪問客があった場合には通報させ、社員はその都度身なりを整えるという対策を採っている。

3.節水キャンペーン
社内のトイレのタンク貯水量を「小」にしか対応できないように調節し、社員には「大」は昼休みに外で用を足すように勧める。また、ある会社では、トイレに「節水のため『大』の使用はお断り」と社長直筆の張り紙を張っている。

こうした事例に、唐辛子さんは「日本人は生真面目に規則を守るので、気軽にトイレにもいけない」と同情し、「日本でサラリーマンを務めるのは本当に大変ね〜」とコメントしている。(翻訳・編集/HA)
(抜粋終了)

涙ぐましい努力ですね…。
これらの削減があながちオーバーともいえない努力を
各企業様なさっておられるのも事実だと思われます。

出来れば、ご相談頂ければ・・・と思いました。

初期コストを掛けずに、
コスト削減する方法(成功報酬制)もございます。


私たちはコスト削減のプロフェッショナルです。

「この費用が高いと思うんだけど…」
「この項目もっと安くならないかな?」

どのようなことでもお気軽にご相談下さい。

まずは、簡単な無料診断からさせて頂きます。

今回のBlogに書かれていた3つの方法より、楽しく効果的な方法で、
コスト削減を一緒に実践されませんか?


下のフォームから「無料診断希望」とお書きの上
お気軽にお問い合わせ下さい。

 ▼お問い合わせフォームはこちらです
 ┗・‥…━━━━━━━━━━━★
 http://www.costsakusaku.net/otoiawase.html


人気ブログランキング
他の会社も頑張ってるんだ!…と思われた方
応援クリックお願いします



ハリー・ポッターと謎のプリンスの
ブルーレイ・DVD・UMD がついに出ます。
私もハリポタ好きで全巻読みました。
予約受付中だそうで、ぜひどうぞ!

★DVDハリー・ポッターと謎のプリンス 特別版 予約開始!
26%OFF!の上に楽天だけの予約特典アリ★

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年10月07日

製造業派遣の原則禁止へ 審議入り

昨年秋から問題化した製造業への労働者派遣

年末年始には派遣村なども出来、かなり取り上げられました。
今回は民主党のマニフェストに掲げられているとのことで
審議がスタートしたとのことです。

<Yahoo!ニュース>
製造業派遣の原則禁止へ、審議スタート
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091007-00000560-yom-soci

ニュースによると
分科会では、使用者(経営)側委員だけでなく、識者ら公益委員からも、製造業派遣の原則禁止に対し、慎重な意見が出された。
とのことですので、一気にこのまま決まりそうな感じでもなさそうです。

その慎重な意見の中身は

・経営者 使用者側委員
「製造業派遣が禁止されれば、海外へ生産拠点を移さざるを得ない」

・識者 公益委員
「家計補助的に働く主婦や高齢者などにとって、現在の派遣制度は有効に作用している」

と規制強化に否定的な意見だったそうです。

全面禁止というのも、全く今のままというのも
問題がありそうです。



私個人的な話しをさせて頂ければ、
私の学生時代の友人は、この問題が起きるまで
大手製造業で派遣で働いていました。
問題になった昨年末にいきなり契約打ち切りを宣言され、
寮も追い出されて、彼は本当に困っていました。

派遣の方々に対して『自己責任』と言う声もありましたが

『全てが全てその人の自己責任?』
私はそのとき感じました。


昨年秋から、中小企業の製造業の経営者の方々は
大手がどんどん人員整理を進め、下請けへの仕事を減らす中、
自社の仕事を上の会社に減らされても
何とか従業員さんを守ろうと必死になっておられました。

「どんだけしんどくても(どれだけ大変でも)
 うちで働いてくれてる人やから
 うち(わが社)がどれだけしんどくても
 俺は、だれもやめさせへん(解雇しない)」


という、製造業の社長さんの話しを聞いたとき
涙が出そうになったのを思い出しました。


製造業の経営者皆様も、どの業種の経営者の皆様も
人件費は大きな比率を占めるコストだと思いますが
なかなか削減するのが難しいコストだとも思います。

コスト削減には、手を付けるべき順番があります


出来るだけ投資をせずに、効果的にコストを削減なさりたい
経営者の皆様、総務・経理ご担当の皆様。

今、気になるコスト・下げたいコスト、改正省エネ法等
どのような事でも、お気軽にご相談下さい。

 ▼お問い合わせフォームはこちらです
 ┗・‥…━━━━━━━━━━━★
 http://www.costsakusaku.net/otoiawase.html


人気ブログランキング
製造業派遣の原則禁止は難しいかな…と思われる方
応援クリックお願いします



≪関連記事≫
●派遣村ブログ
「年越し派遣村」実行委員会のブログ
http://blog.goo.ne.jp/hakenmura


新たな仕事、実も心もスッキリ行きたいですね
食欲の秋…私もダイエットです(^^;
↓全額返金保障だそうです…すごいなぁ

管理栄養士が美容と健康を考えて作ったダイエット食品【全額返金保障】管理栄養士が薦めるナチ...
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年10月01日

財源確保は、いいけれど…

政策実現に向けて、財源確保に努力している鳩山首相。
2009年度補正予算の見直しに関して、具体的な話しが出てきました。

<Yahoo!ニュース>
補正見直し、1兆円超す財源確保
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090929-00001385-yom-bus_all

この中で具体的に名前が挙がっている削減項目は以下のものです。

1.緊急人材育成・就職支援基金(約7000億円)の一部凍結などで5000億円を削減
 雇用保険の受給資格がない元派遣社員や長期失業者に職業訓練や生活費を支給もの

2.農地集積加速化基金(約3000億円)の一部凍結などで約3000億円を削減
 農地を貸し出した零細農家などに10アールあたり年1万5000円を支払うもの

3.スクールニューディール事業の一部凍結
 全国の小中学校に太陽光パネルを設置

4.「国立メディア芸術総合センター」(117億円)の建設中止

全部に対して考えるところがあると思いました。

まず失業対策の「1」ですが、新法が作られるようです。
<Yahoo!ニュース>
求職者支援の立法化明言 細川厚労副大臣
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090929-00000001-fsi-bus_all
これが今の制度に代わって施行となるようです。
しかし、よく読んでみると、
「新法に基づく支援を公約通り2011年度にスタートさせる考えを表明した。」
とのこと。
今回の見直しは、「2009年度補正予算」。
その間の、失業対策はどうなるのでしょう??

次に「2」
これを読んで感じたのは、
「(約3000億円)の一部凍結などで約3000億円を削減」
『ほぼ全廃』だと感じました。

これに関しては、様々な問題が積み重なっています。
農地を集積化する大規模的農業経営の是非
自給率・後継者難・耕作放棄地の問題などです。


私は、これからの農業は
戦後一貫して取られてきた大規模化農業政策では
日本の農業は、生き残れないと感じています。

今問題となっています、「耕作放棄地」「高齢化」「後継者難」。
これらが徐々にでも、解決していくような施策を政府には
取ってもらいたいところです。

「3」のスクールニューディール事業ですが、
この<Yahoo!ニュース>に記事を提供している
「YOMIURI ONRINE」さんの作意を感じました。

スクールニューディール事業ですが、
文部科学省のサイトで説明されているのは
(リンクは下部≪関連記事≫から)
1 学校の耐震化の推進等
2 学校のエコ化の推進
3 学校のICT化の推進
4 公立中学校武道場の整備等
の4つです。

太陽光パネルの導入について文科省のサイトを見てみると、
「2 学校のエコ化の推進」の項目内で
「太陽光発電導入拡大を、学校施設整備の最重要課題の一つとして、強力に推進することとしました。」
との記載はありますが、
この施策のトップ項目は、耐震化の推進です。

この記事内で、
3.スクールニューディール事業の一部凍結
 全国の小中学校に太陽光パネルを設置
と書かれるのと
3.スクールニューディール事業の一部凍結
 全国の小中学校の耐震化の推進等
と書かれるのでは、読者の印象が違うと私は感じます。

私はこの政策のことを仕事柄、存じておりましたので
この記事の書かれ方には疑問を感じました。

「4」に関しましては
多くの方が感じておられたのと、私も意見は同じだと感じてます。
これに関しては、大賛成です。

たまたま、私が少し意見を持っている項目があったもので
長文・駄文、そしてアップが10/1になってしまいました。
失礼致しました。


人気ブログランキング
今日の文はいつもの3倍ぐらい時間がかかりました…
文章が下手な私に…気合注入クリックお願いします



≪関連記事≫
●インターネット新聞JanJan
日本農業「大規模化」の呪縛(上) 日本農業再生の道を探る思索の旅(12)
http://www.news.janjan.jp/living/0711/0711014964/1.php

●日刊ベリタ
大規模近代化農業に未来はない 安田節子『自殺する種子』  安原和雄
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200907041617496

●文部科学省
「スクール・ニューディール」構想の推進に関するお願い
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/06/attach/1270335.htm


工業的農業の矛盾を暴きつつ、その構造を徹底解剖した書。

自殺する種子


耐震の記事を書いていたら、今朝早くサモアでM8.0の大きな地震との事…。
私は未だに阪神淡路大震災が頭から離れません。
いつ来るか分からない地震。備えあれば憂い無しですね。

手軽ながら確実な地震対策!貼るだけで強力粘着固定!!耐震・吸着マット KS-501
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 07:03| Comment(0) | TrackBack(1) | コスト削減

2009年09月17日

機械化でコスト削減?!

コスト削減のため多くのことで、人に代わり機械が行うように
なってきています。

今日見つけたニュースは、いつもより少しやわらかめのニュースです。
調理修行暦10年の調理ロボット「ロボシェフ」の話題です。

<Yahoo!ニュース>
10年の修行を経て...プロ顔負けのチャーハン調理ロボット「ロボシェフ」進化中!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090915-00000304-giz-ent

(以下一部抜粋)
炒め具合まで究めてしまったそうですよ!

チャーハンって奥が深いんですよね。あの中華鍋の熱し方、各種具材や油などを加えるタイミング、鍋を振っては混ぜる加減などなど、最高のパラパラふんわり感で味わい豊かなチャーハンを完成させるのなんて、ちょっとやそっとでデキルもんではありません...

ところが、そんな人間の悩みを吹っ飛ばす、究極のチャーハン調理をプロ顔負けでこなすロボット「ロボシェフ」の活躍が話題になってるんですね。このところラーメン屋さんなんかでも引っ張りダコという進化し続けるロボシェフの秘密に迫ってきましたよ。

現行のロボシェフの使い方も、普通にチャーハンを作るくらいだったら、わずか数分でだれでも習得できるんだそうですが、同じロボシェフで、焼きそばからチンジャオロース、はたまた酢豚にエビチリなどなど、操作方法のコントロール次第で、いろいろクッキングできちゃうレベルの完成度になってもいるようです。複数台のロボシェフを同時に操作して、目にも留まらぬ早業で、さまざまな中華料理を作り上げていくなんて利用スタイルだって可能なんだとか。おいらもロボシェフの手助けで開業しちゃおっかな〜
(一部抜粋終了)

さまざまな場所で機械化が進んでいますが
なんとチャーハンまでとは驚きました。

チャーハンと言えば、なかなか美味く作るのが難しい
熟練の技という感じがあったのですが、
おそるべき「ロボシェフ」くんです。

こんな記事読むとお腹が減ってしまいますね。「余計におなか減ったよ!」と思われた方、すみませんでした。


人気ブログランキング
近々チャーハン食べたいなぁ…と思われた方
応援クリックお願いします



≪関連記事≫
ギズモード・ジャパン
10年の修行を経て...プロ顔負けのチャーハン調理ロボット「ロボシェフ」進化中!
http://www.gizmodo.jp/2009/09/10_51.html


ちょっと贅沢な炒飯はハムでなくチャーシューで仕上げたいもの。
私はこの店のチャーシューが好きで何度もリピートしています。
買われた方の評価も高くおすすめのチャーシューです。

極上の風合いにとろける美味しさ・・・まろやかでお肉のお味と老舗の風格漂う焼豚です。極上や...
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年09月15日

民主党が電気代を補助を検討

昨日、当Blogで書かせて頂いた
25%削減する中期目標を掲げる民主党の話題です。

<Yahoo!ニュース>
民主、電気代を補助 温暖化対策 低所得層の負担軽減
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090915-00000056-san-pol

(以下一部抜粋)
 2020(平成32)年までに温室効果ガスの排出量を1990年比25%削減する中期目標を掲げる民主党は、再生可能エネルギーの買い取り制度拡充によって電気代の負担が増える一般家庭のうち、低所得者層に対し、電気代などを補助する検討を始めた。買い取り制度は、買い取り費用を一般の電気料金に転嫁するが、民主党は、太陽光や風力発電など再生可能エネルギーによる発電全量を電力会社に買い取らせる制度を導入する方針で、負担が大幅に増える可能性がある。このため、制度拡充に合わせて支援策を導入する。

 政府は住宅用の太陽光発電設備の設置数を増やすため、11月から、設備を付けた世帯が使い切れなかった余剰電力の一部を電力会社が買い取る制度をスタートさせる。これに対し、民主党は制度を拡充する方針で、対象を風力や地熱などにも広げ、余剰電力だけでなく全量を買い取るようにする。

 だが、この制度は、太陽光発電設備を買えるような経済的に余裕のある世帯にとっては収入増につながるものの、それ以外の世帯では、電気代の値上げという負担を強いられる。このため、民主党は、低所得者層に限って、一定の電気代を補助する方針だ。

 消費電力のうち、生活に最低限必要な分を定め、料金の上乗せをしないことも検討している。
(一部抜粋終了)

われわれ庶民から見ると、当たり前のようなことにも感じますが
大切なことだと思います。

このような事まで気が付いてくれる民主党なら
もしかして25%達成も可能かも?と思いました。

頑張ってもらいたいです。


人気ブログランキング
頑張って欲しいなぁ…と思われる方
応援クリックお願いします



ソーラーパワーで癒しの空間を!
結構お高いですが、ちょっと欲しい気もします。

水音に癒されるヨーロピアン小滝、ソーラーウォーターシリーズ!ソーラーカスケード デュオ
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年09月11日

官公庁もコスト削減・エコ

という題名をつけると
「そうなんだ?」と思われる方もいらっしゃると思います。

今日見つけたニュースで、そう感じたものがありましたので
ご紹介させて頂きます。

続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年09月08日

日に日にインフルエンザが

お客様とお話しさせて頂いていてる中で
最近関心の高いのが「インフルエンザ」です。

あいさつ代わりに出ることもしばしばで
皆さん心配されている・・・と
肌で感じます。

私の方でも、インフルエンザについて情報を収集し
クライアントのお会社が困らないように
努力させて頂いております。

今日もこんなニュースを見つけました。

<Yahoo!ニュース>
吉本国内最大級お笑いフェスがインフルで中止
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000022-sph-ent

(以下抜粋)
 吉本興業は国内最大級を誇るお笑いフェスティバル「LIVE STAND09 OSAKA」(11月21〜23日、インテックス大阪)を中止する方向で最終調整に入った。関係者によると、新型インフルエンザの感染拡大を警戒し、安全面を最優先したものとみられる。吉本興業の幹部も「残念だが、お客さんにインフルエンザが広がってしまうことを思えば(イベントの中止は)仕方ない」と、苦渋の決断だったことを明かした。

 7月に千葉・幕張メッセで行われた同イベントでは、3日間で6万人超の観客を動員している。
(抜粋終了)

大きなイベントも中止になるぐらい
危機感を感じているお会社もあるとの事で
皆で予防に取り組んでいきたいですね。


人気ブログランキング
インフルエンザは気をつけてます!…という方
応援クリックお願いします



≪関連記事≫
●予防・対策情報サイト
No!インフルエンザ
http://www.nexyzbb.ne.jp/~ykawachi/
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年08月28日

インフルエンザが忍び寄る

今日も、打ち合わせで外出していたのですが、
電車の中で、マスクをしている人がちらほら見受けられました。
自衛する人は、自衛を始めていますね。

毎日毎日、インフルエンザのニュースを見かけますが
今日はすごい数字が発表されました。

<Yahoo!ニュース>
1日当たり76万人発症=新型インフルの流行時−入院4万6400人・厚労省試算
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090828-00000111-jij-soci

(以下抜粋)

続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年08月24日

先週末に続いてインフルエンザ

今日も、打ち合わせで外出していたのですが、
最近、ほとんどの方から出る話題がインフルエンザです。

弱毒性とのことで、春に比べて、警戒の度合いが弱まっているようです。
いろいろ調べてみると、「弱毒性」とは、決して重態化する可能性が
低いわけではないようです。

(以下抜粋)
■新型インフルエンザの「弱毒性」報道について ※注意
今年の新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)は「弱毒性」と言われています。
インフルエンザウイルスで「弱毒型」というとき、症状が軽い病気をもたらすという意味ではありません。
1918年から世界中で2千万〜4千万人の死者を出したスペイン風邪(H1N1)、57年からのアジア風邪(H2N2)も弱毒型でした。
軽視することの無い様に、十分な警戒が必要です
(抜粋終了)
予防・対策情報サイト
No!インフルエンザ
 より


20世紀中、最大の死者を出したスペイン風邪も「弱毒性」だったとのこと。

調べれば調べるほど用心の為に、外出の先々で手をきっちり洗って
きちんとアルコール消毒
するようになった私です。

今日見かけたニュースは、これです。

続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年08月21日

危機管理も将来のコスト削減

あるニュースを見て、先月メルマガに書かせて頂いたネタを
思い出しましたので、少しご紹介させて頂きます。

 先日、ある社長様とお話しさせて頂いておりました時、
 豚インフルエンザの話しになりました。

 この社長様は、大阪市内で小売りのお店を経営されており、
 過日のインフルエンザ騒動の際にはあまり影響はなかったのですが
 インフルエンザの影響が大変大きかった神戸方面でお店をなさっておられる
 お知り合いは、従業員さんにインフルエンザがうつってしまったそうです。

 この秋は用心しておかないと、大流行の危険性もあるとのこと。
 「マスクだけで何とかなるのやろか?」というお話しでした。
 私が自分自身の経験則から
 「ある冬中ずっとマスクして仕事してた事があるのですが、
 風邪も引かなかったし、結構効き目あると思いますよ」
 とお伝えしました。

 社長様は「マスクだけじゃ不安やなぁ。出来るだけの事をしときたいねん。
 何かおきたらいらんコストかかるし、
 保険みたいなもんでこれもコスト削減やろ?」
 とおっしゃいました。

 「これもコスト削減やろ?」と言われて、驚いた私
 確かに、事前に将来起こりうるコストを予測して
 対応策を打っておくのは、ひとつのコスト削減です。

 ご来店して頂くお客様はもちろん、従業員の方や
 御自分や会社自身を守るためにも、必要だと思いました。


今日見かけたニュースは、これです。
続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年08月19日

エネルギーのコスト削減

エネルギーのコスト削減は、
当コスト削減 環境経営革新研究会で特に力を入れさせて頂いている項目です。

IT化が進んで、紙資源の節減や業務の効率化が出来たのですが、
ITにかかる消費電力量が格段に上がっていて
エネルギーコストの増加が、かなりのところに増えています。

自作でパソコンを作られたことのある方ならすぐにピンとくるのですが、
興味の無い方は、パソコンがかなりの電気消費量を使用しているのを
あまりご存じないです。

私は数年前、自作でパソコンを組んだのですが、
電源は500Wのものを入れました。
もちろんMAXが500Wなので、
いつも500W以下の消費電力しかありませんが
このことは、嫁さんには言ってません(汗
それくらいパソコンは電気を消費するようになっています。

ヤフーニュースで見つけた記事です。

<Yahoo!ニュース>
IT化で知らずに増える電力コスト 環境問題もあり、削減は「避けて通れない道」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090819-00000000-jct-bus_all

(以下引用)
続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年08月17日

お休みはいかがでしたか?

お盆休みも終わりましたが、皆様いかがおすごしだったでしょうか?
私は妻と子供二人とで、大阪市立科学館に行ってきました。

実はご存知の方はご存知でしょうが、この夏休み期間内
大阪市の6施設で「子どもが元気!大阪が元気!キャンペーン」と名づけ、
有料施設を無料で開放しています。

この機会だからと、行ったことのない
大阪市立科学館に行ってきました。
楽しい施設ですので、お子様がいらっしゃるならオススメです。

無料開放となっているのは、天王寺動物園、天王寺公園、大阪市立科学館(プラネタリウム等を除く)、大阪市立自然史博物館、長居植物園、なにわの海の時空館の6施設。
詳しくは、以下 ≪関連記事≫●大阪市サイト からどうぞ。

さて、今日のニュースですが、このニュースが目に留まりました。
休みの間の8/15のニュースですが、ピックアップしたいと思います。

<Yahoo!ニュース>
新エネ電力供給、初の目標未達に “ぶれる”政策が普及の妨げ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090815-00000500-san-bus_all

(以下引用)

 電力会社に太陽光や風力などの自然エネルギーを利用した電気の供給を義務づけRPS法をめぐり、今年度は同法施行以来初めて、供給量の目標を達成できない見通しとなった。目標が毎年度、引き上げられる一方、発電設備の増設が進んでいないためだ。電力会社にとってコスト高となる自然エネの普及には政策面での後押しが不可欠だが、補助制度を途中で打ち切ったり、増設を制限する規制を設けるなど、ちぐはぐな政策が普及を妨げている。

 平成15年度に施行された同法に基づく21年度の供給量目標は94.4億キロワット時で、前年度から約26%引き上げられた。これに対し、経済産業省が5月31日時点で集計したところ、自然エネ発電設備の瞬間的な発電能力は1613万キロワットで、前年同期比約3%増にとどまっている。

 20年度の自然エネによる供給量は79.2億キロワット時で、目標の74.7億キロワット時を何とか達成した。今年度は、今後も新規設備がほとんど増えない見通しで、既存設備がフル回転しても目標の達成は絶望的だ。

 これまでの目標超過分の「貯金」が70.4億キロワット時あり、単年度で未達になっても同法に基づく罰則は発動されない。ただ、目標は22年度に110.3億キロワット時となり、今後も引き上げられるため、いずれ貯金を使い果たすのは確実だ。

 普及が進まない背景には、電力会社がコスト高となる自然エネの利用拡大に慎重なこともあるが、政策的な要因も大きい。例えば、風力発電設備の建設は19年の建築基準法改正で審査が厳しくなり、増設がストップ。その後、緩和されたが、今度は世界的な需要増大で輸入品が中心の部品が値上がりし、新規建設の障害になっている。

 家庭用太陽光発電も17年に補助制度がいったん打ち切られた。昨年末に地球温暖化対策の一環として復活したが、この間にドイツに“太陽光先進国”の地位を奪われる一因となった。

 欧米諸国は高い目標を掲げ、一体的な政策で普及に取り組んでおり、このままでは日本は大きく出遅れることになりそうだ。

 ■RPS法(新エネルギー利用特別措置法) 電気事業者に一定割合以上の自然エネルギーの利用を課す制度。対象は風力、太陽光、地熱、小規模な水力発電など。電気事業者は、独自に発電設備を整備するか、他の発電事業者から購入して賄う。

(以上引用終了)

ニュース文の下の方に書いてありましたが、日本は家庭用太陽光発電の先進国でした。
政策が右往左往する中で、ドイツに“太陽光先進国”の地位を奪われたのも事実です。

私は太陽光についての勉強をしていく中で、ドイツが日本に取って変わったのを知ったのですが、あまり知られていない事実だと思います。

エコに関してだけではないですが、やはり継続した&一貫した政策が無いと、本当には育っていかないのではないでしょうか。
政治家さんには、一貫した政策を取って欲しいと思います。


人気ブログランキング
一貫した政策を!と思われた方
応援クリックお願いします!



≪関連記事≫
●大阪市サイト
子どもが元気!大阪が元気!キャンペーン
http://www.city.osaka.lg.jp/yutoritomidori/page/0000044407.html


車にソーラーパワーがプラスされます!

たまにしか乗らない車に! 太陽光で補充電ソーラーバッテリー充電器 セルスター SB-300

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年08月10日

人件費が上がるかもしれません

衆議院選挙に向けて、各党ともマニフェストを出してきていますが、
最低賃金の引き上げが、選挙戦の争点の一つになっています

大幅アップをマニフェスト(政権公約)に上げたのは
民主、社民、共産の野党各党に加え、与党の公明党までとなっている。
引き上げ目標として、最終的には時給1000円にするとのこと。
平成20年度の最低賃金の全国平均は703円。
最低賃金が最も低かったのは県は
宮崎・鹿児島・沖縄県で時給627円。

<Yahoo!ニュース>
良薬?劇薬?最低賃金1000円も争点に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090809-00000573-san-pol

最低賃金引き上げの背景には・・・、続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年08月05日

通信費の削減

毎週1回、当会はメルマガを発行させて頂いております。
昨日・火曜日はメルマガの発行日でした。

そのメルマガのTOPで書かせて頂いた記事を
ブログでもご紹介させて頂きます。

メルマガでは、経営力やコスト削減に役に立つお話し
皆様にお伝えさせて頂いております。

今号では「コスト削減&エコ、経営ワンポイント!」
コーナーで・・・

続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年07月31日

9月も電気・ガス代値下げ

9月も電気・ガス代値下げ

先月末に当Blogでも
夏の電気・ガス代値下げ
という記事を書かせて頂きましたが、
9月の料金も全社が値下げになるそうです

<Yahoo!ニュース>
9月の料金、全社が値下げ 電力10社と都市ガス大手4社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090730-00000604-san-bus_all

電力10社と大手都市ガス大手4社は30日、9月分の電気・ガス料金を発表。
液化天然ガス(LNG)などの発電燃料の価格(算定基準4〜6月)が下がったため電力、ガスとも全社が値下げを行う。

標準的な家庭の月額は以下の通り。(単位円)

続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コスト削減

2009年07月29日

蛍光灯反射板 MCPETα 摂津市役所導入

マスコミのみなさまに取り上げていただく機会も頂いている
蛍光灯反射板「 MCPETα」ですが、
大阪府内の市役所に導入いただきました。

摂津市役所さまです。

090729a.jpg

「 MCPETα」の設置場所は、一般の方もご覧頂ける場所になります。

市役所の正面玄関入って頂いて、左側になります。
以下のようなパネルを貼って頂いております。

090729b.jpg

パネルに書かせて頂いている文章を書き出してみます。続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | コスト削減