2010年02月22日

AED不具合の疑い

全国の消防機関を対象に実施した調査で、
AEDの不具合が疑われた事例が
2001年から今年までで328件
あったとのことです。

<Yahoo!ニュース>
消防機関からAED不具合の疑い事例報告328件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000015-cbn-soci

(以下抜粋)

 総務省と厚生労働省が共同事務局を担う「全国メディカルコントロール協議会連絡会」(会長=小林國男・帝京平成大教授)が全国の消防機関を対象に実施した調査で、AED(自動体外式除細動器)の不具合が疑われた事例の報告が計328件あった。

 調査は、昨年12月8日から今年1月15日まで、各都道府県を通じて全国の803の消防機関を対象に実施。AEDの不具合が疑われた事例について報告するよう求めた。

 調査結果によると、AEDの不具合が疑われた事例は計328件だった。
 事例を発生年別に見ると、「2009年」が176件で最も多く、以下は「08年」が85件、「07年」が42件、「01-06年」が21件、「10年(1月1日から1月15日まで)」が2件、「不明」が2件だった。
 都道府県別では、最も多かったのは広島の45件で、これに北海道(36件)、千葉(26件)、大阪(24件)などと続いた。一方、青森、岩手、東京、静岡、鳥取、長崎ではゼロだった。
 また、事例の種別では、「除細動の適応がある(疑い含む)傷病者に対し、AEDが除細動適応なしと判断した疑いがあると報告があった事例」は119件、「除細動の適応がない(疑い含む)傷病者に対し、AEDが除細動適応ありと判断した疑いがあると報告があった事例」は38件。このほか、メモリーカードに心電図が記録されないなどの不具合の疑いがあると報告があった事例は171件だった。

 事例数について総務省消防庁は、事例の中には、▽機器に不具合があるもの▽機器の性能限界として許容される範囲内にあるもの▽機器に特段の不具合があるとは言えないもの-などが含まれている可能性があるとして、「多いとも少ないとも言えない」としている。
 一方、厚労省は不具合の疑いが報告されたAEDの製造販売業者に対し、必要に応じて自主回収などの措置を講じるよう指示した。また、調査結果については現在、09年度厚生労働科学研究費補助金事業である「循環器疾患等の救命率向上に資する効果的な救急蘇生法の普及啓発に関する研究」(主任研究者=丸川征四郎・医療法人医誠会医誠会病院院長補佐)で専門的な分析を実施中で、年度内をめどに取りまとめる分析結果を基に、両省庁で必要な対策を講じる予定だ。

(抜粋終了)

発生年数で見ると2009年が176件で最も多かったそうです。
『176件!』というと多い気がしますが、
続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年02月16日

みんなのために

今日はBlogの更新が遅くなり申し訳ございません。
一日外出で、この時間になってしまいました。

ニュースを見て、目に付いたのがこのニュース。

<Yahoo!ニュース>
英史上最高、79億円の当たりくじ=まず家・車購入へ−40代カップル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100216-00000015-jij-int

(以下抜粋)

 欧州9カ国で発売されている宝くじ「ユーロミリオンズ」で、英グロスターシャー州に住む40歳代のカップルがこのほど、英史上最高の賞金額となる5600

万ポンド(約78億9000万円)を引き当てた。
 英BBC放送(電子版)によると、一躍大富豪になったのは、不動産業のナイジェル・ページさん(43)とパートナーのジャスティン・レイコックさん(41

)。記者会見した2人は、さっさと仕事を辞め、ベッドルームが5、6室あるプール付きの家やレンジローバーないしBMWの新車を買いたいと声を弾ませた。

また、「外国に別荘を持ちたい」「オーストラリアとニュージーランドなどに旅行に行く計画だ」などと語った。
 ただ、レイコックさんは賞金を自分たちのためだけに使うのではなく、「多くの人たちの生活を手助けしたい」とも話した。 

(抜粋終了)

78億円の宝くじにも驚きました
「多くの人たちの生活を手助けしたい」
という言葉が嬉しいですね。

私は、1992年のリオデジャネイロで行われた地球サミット続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年02月09日

高速無料化のCO2

前回の高速無料実験では、結構渋滞した高速道路。

あれだけ見ると、“CO2は増えるのでは…?”
感じてしまいましたが、実際のところはどうなのか?
国が試算するそうです。

<Yahoo!ニュース>
高速無料化のCO2影響試算=小沢環境相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100208-00000075-jij-pol

(以下抜粋)

 小沢鋭仁環境相は8日の衆院予算委員会で、来年度に行われる高速道路無料化の社会実験に関連し、

続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:30| Comment(0) | TrackBack(1) | エコ

2010年02月08日

手作り商品がヒット

最近の節約志向で、なかなかモノの売れない時代となっていますが
実は、売れている商品もあるようです。

少し長い文章ですが、今のトレンドをですので
よかったらどうぞ。

<Yahoo!ニュース>
ひと手間かける「体験消費」 「手作りキット」が大人気 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000004-jct-bus_all

(以下抜粋)

 不景気で節約志向が高まり、消費者が物を買わなくなったと言われているなか、ひと手間かけて作る「手作りキット」が注目を集めている。完成品を買うよりも手ごろな上に、自分で作るという体験が思い出になり、今の消費者の「気分」にマッチしているようだ。

 自分でウエディングドレスを作れるキットも売られている。アプロージア(埼玉県川越市)が「手作りウエディング」の販売を始めたのは7年前。最近は「自分らしいドレスが着たい」という女性が増えていて、毎月4〜7人分の注文が入る。

■10万円以下でウエディングドレスができる

 ドレスの形はスカートがふんわりと広がる「プリンセス」、清楚な雰囲気の「Aライン」、すっきりとしたシルエットの「マーメイドライン」が基本で、オリジナルのデザインも可能だ。セットにはドレス生地、お客に合わせた型紙、糸やファスナーなどのパーツ、詳しいテキスト、実際に縫っているところを見られるDVDなどが含まれ、ミシンがあれば作れるようになっている。

 お客の6割が初心者だが、

  「家庭科で習ってからミシンを触っていませんという人でも、テキストやDVDがあるので問題なく思い描いたドレスを作ることができます」

と店長の富岡まち子さんはいう。

 ほとんどの人がドレス本体で約2カ月、ビーズ、レースやコサージュをつけるのに大体1〜3カ月でできる。富岡さんは、「初めての場合、余裕を持って半年前から取り掛かるのがいいでしょう」とアドバイスする。

 キットの価格は「プリンセス」が7万4800円、「Aライン」と「マーメイド」が7万9800円、「オリジナルデザイン」が8万9800円だ。いずれもスカート丈は床ぎりぎりの「フルレングス」で、後ろが長くなっている「トレーン」は5000円増しになる。

 レンタルドレスよりもお手ごろな上に、自分で作ることで思い出になる。富岡さんは、

  「作るのは大変ですが、大変だからこそ仕上がった時の喜びは大きいです。お得なのは嬉しいおまけ、と言う感じでしょうか。洋裁上手なお母様と一緒に作る方も増えてきて、親子での思い出になりますよ。式に参加したゲストからの注文も増えていますし、ウエディングドレスには手作りという選択肢もあることが浸透してきたようです」

と話している。
 
続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年02月05日

トヨタ叩き続く

ここ数日、ニュースを賑わせている
トヨタの大量リコール、プリウス不具合問題ですが
次々ニュースが出てきています。

<Yahoo!ニュース>
「トヨタ車乗るな」 後で発言撤回、米運輸長官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100204-00000502-san-bus_all

(以下抜粋)

 【ワシントン=渡辺浩生】アクセルペダルの不具合に伴うトヨタ自動車の大量リコール問題で、ラフード米運輸長官は3日、下院歳出委員会の運輸小委員

会で、リコール対象車を持つ人々に対して「私のアドバイスは運転をやめることだ」と発言した。発言は米メディアが一斉に報じたが、長官はその後記者団

に対して「失言だった」と認め、「ディーラーで修理するよう促すつもりだった」と修正した。

 ラフード長官は2日には、リコールをめぐるトヨタの対応を「彼らは安全についてデフ(聞こうとしない)だった」と批判するなど、厳しい発言を続けて

いる。

 長官は同小委員会で「私の助言は、もし対象車を保有しているのなら、運転するのをやめて、トヨタのディーラーに持っていくことだ」と述べた。

 その後、長官は「私の言いたかったことは、(不良の)疑いがあれば、ディーラーに持っていって直してもらいなさい、ということだった」とトーンダウ

ン。運転が即事故につながるという誤解を与える恐れがあったためとみられる。

 また、長官はトヨタの豊田章男社長とリコール問題で数日中に電話で協議する意向も示した。

 トヨタ自動車は長官の発言修正を受けて、「長官の釈明に感謝する」との声明を発表。「ペダルに問題がなければ、車は運転しても安全」と強調した。

 一方、AP通信によると、今月下旬にリコール問題で公聴会を開く下院商業エネルギー委員会のストゥパク監視調査小委員長は、トヨタのハイブリッド車

「プリウス」でブレーキの不具合にからむ100件以上の苦情が寄せられている問題も、調査対象にする方針を明らかにした。

(抜粋終了)

「失言だった」と釈明しましたが
実際のところは、どうなんでしょうか。
 続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年02月04日

エコカー補助、アメ車続々だが…

昨日2/3、エコカー購入補助金制度の条件緩和に伴い
新たに輸入車43車種(型式ベース)を補助の対象に加えると発表。
43車種のうち大半の35車種が欧州車で、米国車は8車種とのことです。

<Yahoo!ニュース>
輸入車43車種を追加=エコカー補助で−経産省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100203-00000286-jij-int

(以下抜粋)

 経済産業省は3日、エコカー購入補助金制度の条件緩和に伴い、新たに輸入車43車種(型式ベース)を補助の対象に加えると発表した。43車種のうち大半の35車種が欧州車で、米国車は8車種だった。
 新たに対象となったのは、米フォード・モーターのスポーツ用多目的車(SUV)「エスケープ」やゼネラル・モーターズ(GM)の高級スポーツセダン「キャデラックCTS」など。いずれも、これまでは日本での燃費値がないため、補助の対象外となっていた。 

(抜粋終了)

この発表を受けて・・・
アメリカは『少なすぎる!』とご立腹です(苦笑)
 続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 20:49| Comment(0) | TrackBack(3) | エコ

2010年02月02日

代替フロン問題

オゾン層を破壊するということで問題になったフロン
その時に開発された代替フロンというものを
皆さんは覚えておられるでしょうか。

オゾンホールが出来て、広がっていくとか
このままでは有害な紫外線が地球上に降り注ぐ
と言われたものです。

それを防ぐために作られた代替フロンに
新たな問題です。
 
続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年01月28日

条件付き25%削減

日本政府は温室効果ガスの排出削減目標について
「公平かつ実効性のある温暖化対策の国際枠組みの構築」ことを前提条件に
「2020年に1990年比25%削減する」とする目標を26日国連に提出しました。

調べてみたところ
「公平かつ実効性のある温暖化対策の国際枠組みの構築」は
「すべての主要国の参加による意欲的な目標の合意」のことのようです。
 
続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年01月21日

ついにエコカーが

エコカー減税といえば、
プリウスインサイトなどのハイブリッド車を
思い浮かべる方が多いかもしれません。

少し前の当Blogで、
ドイツ車の エコカー減税対象車を
お伝えさせていただきましたが
ついにあの自動車王国の車がエコカー補助金対象車
なったというニュースを見つけました。続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2010年01月14日

チャレンジ25

日本が目指す温室効果ガス25パーセント減ですが
国民の日々の暮らしの中で、取り込んでもらおうと
PRキャンペーンを実施しているようですね。

<Yahoo!ニュース>
国民一人一人がエコを=温暖化へのチャレンジ訴え−鳩山首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100114-00000068-jij-pol

(以下抜粋)

 政府は14日、国民に日々の暮らしの中で「温室効果ガス25%減」に取り組んでもらう「チャレンジ25」のPRキャンペーンを首相官邸で実施した。鳩山由紀夫首相は「大事なのは、家庭でもわたしたちが変わろうという気持ちになること。国民一人一人がエコを増やそう」と訴えた。
 キャンペーンでは「エコな生活スタイルを選択する」など六つのチャレンジを国民に呼び掛けた。「環境に優しい交通機関の利用」「シャワーを使う時間の短縮」といった25の具体的な行動も提案した。
 俳優の加山雄三さんや女優の上戸彩さんら、「チャレンジ25キャンペーン応援団」も駆け付け、PRに一役買った。 

(抜粋終了)

いろいろ問題が、噴出している民主党ですが
温室効果ガス25パーセント減を、強力に進めるため
キャンペーンを行っているようです。

この25パーセント減は、
もちろん国民の協力なしにできるものではありませんが、
このキャンペーンだけでなくもっと多くのPRが必要ではないでしょうか。

皆で取り組む土壌が、一刻も早くできればいいなと思っています。


人気ブログランキング
25%の削減は難しいが、何とか…と思われている方
応援クリックお願いします



ソーラー充電でエコ!
そして最高峰のG-SHOCK
お値段にびっくりしてしまいました。

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(1) | エコ

2010年01月13日

低炭素社会とは

多くの報道などで取り上げられている『低炭素社会』
いったいどういう社会なのか、ご存じでしょうか。

低炭素社会について、分かりやすいニュースを見つけたので、
お伝えします。


<Yahoo!ニュース>
「低炭素生活」で家庭はどうなる? 温室効果ガス削減25%削減の根拠は?

(以下一部抜粋)

【日本の議論】

 2020年までに温室効果ガス排出量の1990年比25%削減−。鳩山政権が鳴り物入りで打ち出した政策だが、昨年12月に開かれた国連の気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)では、法的拘束力を持つ議定書採択が先送りされた。25%削減は「公平で実効性のある国際的な枠組み」の構築が前提条件。にもかかわらず、日本国内で実際どれだけ減らすべきかといった数値も不透明なままだ。環境省は3月をめどに、25%削減のための中長期ロードマップを決めるとしている。25%削減で求められる「低炭素生活」とは何か。私たちの生活がどう変わるのか。(杉浦美香)

  ■「エコ・コンシャス・デンマーク」展 環境先進国に学ぶ創意工夫

 2010年。10年間使ってきた冷蔵庫をついに買い替えることに。エコポイントがつくため最新の省エネ型を選択した。やはり10年間使ったエアコン2台を買い換えた。長時間使うリビングなどの明かりは蛍光灯だったが、トイレ、浴室などでは白熱灯だった。このため、白熱灯をまずは蛍光灯に切り替える。

 2012年。トヨタのハイブリッド車「プリウス」の価格も約200万円になったことから、ハイブリッド車とガソリン車との価格差が劇的に縮まる。ついには10年間で9万キロ乗っていた愛車も手放し、ハイブリッド車に買い替えることにした。

 2013年。ガス給油器をヒートポンプ給油器に。

 2015年。いよいよ価格も下がったことから、太陽光発電も設置することに。


 国立環境研究所などが、政府の地球温暖化問題に関するタスクフォース(座長・植田和弘・京都大学教授)で、関東地方の2人以上世帯をモデルに、「低炭素化」のために段階的に技術を導入するモデルを描いてみせた。

 ポイントは、省エネの最新の機器を購入することが丸々コストになるのではなく、省エネ製品と平均的な製品との差額が、初期投資になるということだ。

 そのコストも最新の機器のおかげで電気代が節約され、いずれは元がとれ、ひいてはコストを上回る節約ができるという。

■初期投資185万円…、元がとれるのは10年後?

 これで計算してみると、まず冷蔵庫。エコポイントがつく省エネ製品と通常の冷蔵庫の価格差は約1万5000円。エコポイントで9000円相当がつくため、実質の価格差は6000円になる。省エネ型を選択したことによる電気代節約は年3000円のため、単純計算で2年間で元がとれることになる。

 車では、ハイブリッド車と普通の自動車との価格差は20万円。エコカー減税が継続すると想定して、税金の支払いが16万円安くなったため、実質コストは4万円。ハイブリッドは燃費がよく、ガソリン代が年間5万円節約できることから、差し引きで1年間で元がとれてしまう。

 太陽光発電は最も初期投資が多くかかる。平均家庭の3・5キロワットの太陽光パネルを設置したと想定すると、初期投資は110万円になる。民主党のマニフェストにある固定価格買い取り制度で、太陽光パネル設置の10年後の2025年に元がとれ、以降は売電で利益を生むことができる。

 こうした省エネ機器の導入のトータルの実質コストは185万円。家庭のCO2排出量は2016年時点で、70%削減につながるという。

 家庭の排出量は増加し続けており、排出量をどう抑えるかが課題になっているが、省エネ投資で温室効果ガスを大幅に減らすことができる。

 藤野純一・国環研主任研究員は「設備の買い替えを行っていない家庭で、最先端の機器を導入したらどうなるのか、どれだけ効果があるのかということを分析した。消費者は価格の安いものを購入することになりがちだが、長期的にみれば最先端の機器を導入するほうが得になり、温室効果ガス削減にもつながる」と話す。

(一部抜粋終了)

実際、これらへの投資をコストと見るのか

続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | エコ

2010年01月08日

アメリカのエコカー事情

日本国内のエコカー事情については
今まで何度か取り上げさせて頂きました。

国内ではエコカー減税もあり
エコカーの普及が進んでいます。

このようなニュースを見つけました。

<Yahoo!ニュース>
日本のエコカー補助、米国車を排除=下院議員「WTO提訴も」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100107-00000158-jij-biz

(以下抜粋)

*【ワシントン時事】米下院のサットン議員(民主、オハイオ州)は6日声明を発表し、昨年12月の追加経済対策で半年間の延長が決まった日本のエコカー補助制度が「米メーカーを差別的に排除している」と非難、「米政府は直ちに世界貿易機関(WTO)ルールに基づき日本側と協議を始めるべきだ」とする決議案を提出したことを明らかにした。 

(抜粋終了)

このニュースをお読みになって
皆様は、どうお感じになられましたでしょうか?

今回のエコカー減税は決して日本車だけを優遇するものではありません
ドイツ車もエコカーの認定を受けています。

政治家を動かして発言させることをするぐらいなら
一刻も早くエコカーを作って欲しいと思います。

私個人的には、子供の頃アメ車は憧れの存在でした。
しかし残念ながら、今は魅力を感じません。

アメリカの自動車メーカーには頑張って欲しいところです。



≪関連記事≫

●当blog 2009年09月03日
ベンツのハイブリッド車、値段決まる
http://blog.costsakusaku.net/article/31838819.html

●当blog 2009年08月25日
外車もハイブリッド車が!
http://blog.costsakusaku.net/article/31612651.html


人気ブログランキング
アメリカはもっと環境保全に協力すべき!…と思われる方
応援クリックお願いします



私が憧れたアメ車はこれです。
ご存知の方いらっしゃいますでしょうか…?

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2009年12月28日

温暖化対策法案

賛否両論ある、鳩山政権ですが
私個人的には、環境については
『麻生前政権より鳩山政権でよかったな』と思っています。

先日のCOP15も麻生前政権だったら
今回のCOP15よりもっとお粗末だったと思われるからです。

そこでこのニュース。続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2009年12月25日

2010年度予算案に温暖化対策

政府の2010年度予算案ですが、
電気自動車や太陽光発電を普及させる事業など
地球温暖化対策を盛り込みました。

<Yahoo!ニュース>
「25%減」達成目指す=エコカー、太陽光発電を普及−10年度予算案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091225-00000159-jij-pol

(以下抜粋)

 政府は2010年度予算案に、電気自動車や太陽光発電を普及させる事業など、さまざまな地球温暖化対策を盛り込んだ。20年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する目標の確実な達成を目指す。
 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)でまとめられた「コペンハーゲン合意」は、先進各国に対し、20年までの温室効果ガス削減目標を来月末までに提出するよう要請。政府は、主要排出国が意欲的な目標を持って地球温暖化対策の新たな枠組み(ポスト京都議定書)に参加することを条件に、「25%減」目標を提出する方針を決めている。
 これを受けて予算案には、本格的な市場投入が始まる電気自動車の普及などに向けた補助金(124億円)や、住宅用太陽光発電パネル導入に対する補助金(402億円)などの温暖化対策を盛り込んだ。 

(抜粋終了)

景気対策や雇用改善にも早急な対応が必要だと思います。
(大阪を含め、特に東京以外の都市では必要だと思います。)

(一部の業種ですが)景気対策と温暖化対策が一緒に行えるかな…?
とも少し思われるこの予算ですが、皆様はいかがお感じでしょうか。

景気対策も温暖化対策も待った無しの状況です。
政府にはより一層、頑張って欲しいですね。

人気ブログランキング
早く景気浮上を!…とお感じの方
景気刺激クリックお願いします



楽天プロバイダがお得みたいです。
結構安くて驚きました。
価格破壊がこんなところにまでですね…。

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2009年12月24日

エコポイント好調続く

エコポイントが好調とのニュースは
先日当blogでもお伝えさせて頂きましたが
ほんとに、エコポイント好調ですね。

ニュースによると11月の薄型テレビ出荷が
月間最高を記録したとの事です。

<Yahoo!ニュース>
11月薄型テレビ出荷、月間最高を記録 エコポイントで55%増
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091224-00000540-san-bus_all

(以下抜粋)

 電子情報技術産業協会(JEITA)が24日発表した11月の民生用電子機器国内出荷実績によると、薄型テレビ(画面サイズ10型以上の液晶テレビとプラズマテレビ)は前年同月比55・9%増の153万1000台と、月間の過去最高を記録した。

 画面サイズ別では、同63・1%増の30〜36型が52万7000台、37型以上の大型機種が同51・4%増の56万5000台となった。薄型テレビは6月以来、100万台の大台を6カ月連続で突破。政府の省エネ家電の購入を後押しする「エコポイント制度」の効果に加え、電機メーカー各社の年末商戦向け新製品が出そろったことなどが購買意欲を刺激しているようだ。

 薄型テレビが含まれる映像機器の出荷額は、同21・6%増の2228億円と6カ月連続プラス。民生用電子機器全体の出荷額は17・4%増の3022億円と4カ月連続でプラスとなった。

(抜粋終了)

この時代に6ヶ月連続プラスとは本当にすごいですね
エコポイントですが、かなりの需要を掘り起こしているようです。

政府が約束してしまっている温室効果ガス25%削減の為には
一般家庭における消費電力の削減も必ず必要です。

地デジ導入もあと2年弱になっていますので、
買い替えをご検討の方は、今の機会でもいいかもしれませんね。

家庭の電気量削減はエコポイント。
事業所様の削減に関しましては当CSKKまで、お気軽にどうぞ。
初期投資不要の削減から、取り組みさせて頂きます。


 ▼お問い合わせフォームはこちらです
 ┗・‥…━━━━━━━━━━━★
 http://www.costsakusaku.net/otoiawase.html


人気ブログランキング
エコポイントで買い替ようか?買い換えたよ!…という方
投票クリックお願いします



≪関連記事≫

●当blog 2009年08月06日
エコポイント効果!薄型テレビ売上増
http://blog.costsakusaku.net/article/31107008.html

●当blog 2009年08月03日
エコポイント交換スタート
http://www.youtube.com/watch?v=1t8m7CkpIK0



エコポイント特集ページ by楽天
エコポイントガイドもあります
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2009年12月21日

COP15終了

先週金曜日は、更新が出来ずに
申し訳ございませんでした。
気付けば、土曜日になってしまっていました。

19日、デンマーク・コペンハーゲンで開催されていた
国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)は
閉幕しました。

協議はまとまらず、「コペンハーゲン協定」の全会一致での採択を断念。
同協定に「留意する」との文書を採択して閉幕しました。
中国などの反発が根強く、当初期待されていた目標からは程遠い結果となりました。続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2009年12月17日

エコと粋

パリのカフェで使われている屋外型の暖房器具があるそうです。
形は皿回しをしているような形でスタンド型です。
プロパンガスを燃料に使っているとの事ですが、
この暖房機が「温室効果ガスを排出する」と批判されているとのことです。

<Yahoo!ニュース>
パリ カフェの屋外暖房機、温室ガス批判 COP15機に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091216-00000025-maip-int

(以下抜粋)

 コペンハーゲンで開催中の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)を機に、フランスのカフェで長年使われてきたプロパンガス型暖房機が「温室効果ガスを排出する」と批判されている。冬場、ユニークな形をしたこの暖房機はカフェの屋外テラスを温め、客の憩いに一役買ってきただけに議論になっている。

 仏フィガロ紙(15日付)などによると、仏のカフェ・レストランの多くが使うが、専門家の試算によると、4基の暖房機を1日8時間使った場合、プロパンガスの消費が環境に与える影響は、乗用車が350キロ走ったのと同じ程度だという。

 これに対しカフェ側からは、反発が続出。同紙によると仏の旅客業組合は「暖房器はアクセサリーとして価値があるうえ、カフェを潤す」と主張、議論は平行線のままだ。

(抜粋終了)

このカフェはこの暖房器具がひとつの名物なのでしょう。
温室ガスを削減することは必須ですが、
このような名物のモノが撤去されたり批判されたりというのは
私は行きすぎのような気がします

批判するだけでなく、もっと他に出来ることがあると思います。
形はそのままに、もっとエコな暖房器具に代えることや
スイッチを弱めにして使うなど(寒いですね)
なんとか残す形にして頂きたいとこの記事を読んで思いました。

皆様はいかがでしょうか?


人気ブログランキング
この暖房器具が何とか残れば…とお感じ頂けた方
応援クリックお願いします



日本が誇る、エコな暖房器具はコタツです。
部屋全部を暖めるのではなく、足元だけ温める。
頭寒足熱で、身体にも環境にも優しいです。

ラウンド折れ脚こたつ105×75cmコタツ炬燵テーブル正方形ロータイプ木製座卓食卓卓袱台ちゃぶ台...

posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2009年12月15日

日本、EUが京都議定書延長を容認

コペンハーゲンで開催中の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で
日本と欧州連合(EU)は米国や中国が温室効果ガスの排出抑制に加わる枠組みを
別途つくることを条件に、2012年末で期限切れとなる京都議定書の延長を容認
しました。

このニュースから。

<Yahoo!ニュース>
日本、EUが京都議定書延長を容認 COP15 「別の枠組み」構築条件に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091215-00000610-san-soci

(以下抜粋)

 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で、日本と欧州連合(EU)は15日までに、米国や中国が温室効果ガスの排出抑制に加わる枠組みを別途つくることを条件に、2012年末で期限切れとなる京都議定書の延長を容認した。

 これにより、「二つの枠組み」を設けることで先進、途上国側の間で妥協が成立する可能性も出てきた。気候変動枠組み条約事務局のデブア事務局長も、延長される京都議定書と、米国などを入れた新たな枠組みという「二つの決定がなされるとみている」としている。

 日本と欧州は、先進国だけに排出量の削減義務を課す京都議定書の延長には反対し、米国と、中国、インドを含む新たな議定書を一貫して主張してきた。

 しかし、14日の非公式閣僚級会合で、アフリカ諸国が「先進国は京都議定書の削減義務を破棄しようとしている」と反発し、協議をボイコットした。これを受け、日本とEUは「米国が入り、中国もそれなりの削減目標を示せば、京都議定書(の延長)を拒む理由はない」(小沢鋭仁環境相)との姿勢に転じた。
(抜粋終了)

ここで重要だと思われるのは続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 23:04| Comment(0) | TrackBack(1) | エコ

2009年12月14日

温室効果ガスの測定法

お話しさせて頂いているときに
「温室効果ガスの測定法は?」
質問を受けることがあります。

今日はわかりやすい記事を見つけましたので
皆様にお伝えさせて頂きたいと思います。

<Yahoo!ニュース>
温室効果ガスの測定法は?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091213-00000027-san-soci

(以下抜粋)

 □ウシやヒツジのげっぷまで…

 「温室効果ガスの削減が話題になっていますが、各国の排出量はどうやって測定しているのでしょうか。また、しばしば削減値の基準として出てくる『1990年当時の数値』は、どこで、どうやって、誰が決めたのでしょうか」=堺市東区の無職男性(62)

 ■基準はCO2

 7日からデンマークの首都コペンハーゲンで始まった国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)。2012年に期限が切れる京都議定書に続く、地球温暖化対策の政治合意を目指し交渉中だ。

 温暖化の原因となる温室効果ガスは京都議定書で定められており、二酸化炭素(CO2)▽メタン(CH4)▽一酸化二窒素(N2O)▽ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)▽パーフルオロカーボン類(PFCs)▽六ふっ化硫黄(SF6)−の計6種類。

 では、全国の至る所から排出される温室効果ガスの量は、どうやって測定されるのだろうか。

続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ

2009年12月11日

電気自動車盛り上がってきそう

エコカーと言えば、近い将来はハイブリッド車・電気自動車の
どちらが本命かは、現時点ではハイブリッド車が有利だと思われる方も
多いかもしれません

しかしその先になれば、電気自動車の方が
広がっていくとお考えの方も多いのではないでしょうか。

電気自動車にベンチャー企業が数多く参入しているとの

続きを読む
posted by コスト削減アドバイザー Y.Kawachi at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ